R3.12.29(水)サンパチ日報社員SY編@社会福祉士基礎研修Ⅱ

R3.12.29(水)サンパチ日報社員SY編@社会福祉士基礎研修Ⅱ

 

AM

Zoom朝礼

担当者会議

モニタリング

 

PM

連絡調整

記録

大掃除

 

 

皆様こんにちは。

こうしてみると、1年あっという間ですね。

訪問でも、もう今年が終わるのかという話題に触れる事が多かったです。

今年最後の日報となりますが、いつも通りのテーマで行きたいと思います。

 

 

基礎研修Ⅱも今年最後の受講となりました。

実はこの基礎研修Ⅱは来年の2月で、全日程終了となるのですが、学会発表に見立てたレポートの提出を行うという課題があり、今回はその課題を遂行する為にも記録の取り方や実践研究の方法などについての研修内容となっておりました。

 

もう、この課題をクリアできる気がしなくて、今こうして書き起こしているだけでも何となく気が重いです…

 

研修の中で「実践研究を進める上での記録の在り方」という講義があり、普段の記録にも繋げて考える事の出来る内容でしたので、一部抜粋してみたいと思います。

 

「SOAP」というものを耳にしたことがあるという方、多いのではないでしょうか?

個人的には医療現場で使われるイメージを強く持っていました。

この記録の特徴としては、単に経過記録のみを記録していくのではなく、対象者の問題点を抽出し、以下4つの項目に沿って記載していく点にポイントがあるものとなります。

 

S(subjective)主観的情報:対象者が話した内容などから得られた情報

O(objective) 客観的情報:診察や検査などから得られた客観的な情報

A(assessment)評価:医師の診断や主観的情報、客観的情報の内容を元に分析や解釈を行った総合的な評価

P(plan)計画(治療):評価に基づいて決定した治療の方針、内容、生活指導など

 

同市ではありませんでしたが、グループワークで一緒になったケアマネージャーの方は、事業所内でこのSOAPの書き方を取り入れているとの事で普段から活用されているとお話しされておりました。

 

その他は、確率は低いけれど訴えられた時に証拠として提示できるものである事、困難事例対応の際のクレーム対応として自分の身を守るためにも、細かく記録を取っている等の意見が聞かれました。

グループ内で記録得意だよ!という方はおらず、それぞれ悩みながら記録を取られている事も共有する事ができました。

 

全体発表では、5W1Hを意識して記載しているとの回答が多く、次いで他者が見た時に(関係機関への情報提供としてやケースを引き継ぐ場合等を想定して)分かりやすいものであるかどうかを意識しているという話が聞かれました。

 

私は記録がとても苦手で、簡潔に書く事がなかなかできません。

油断していると、システムから「文字数オーバー」の警告文が出るくらい長々と書いてしまうクセがあります。

 

来年からはもう少しスマートな記録が取れる様、研鑽を続けて行きたいと思います。

 

 

 

いつも記事に目を通して頂いたりコメントを下さったりと、皆様にも大変お世話になりました。(^^)

 

次年度も、興味がありましたらぜひ日報を覗きに来てみてください。

サンパチ日報が皆様にとって、何か一つでも刺激につながっていければ幸いです。

 

今年も大変お世話になりました&お疲れ様でした。

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.12.27 (月)サンパチ日報社員T編@アドバンス・ケア・プランニング研修会

R3.12.27 (月)サンパチ日報社員T編@アドバンス・ケア・プランニング研修会

AM

朝礼

記録チェック

連絡調整

 

PM

ケアプラン作成

記録チェック

勤務終了

 

【今日のいいこと】

もう今年も残すところあと4日となりました。

連日の降雪で市内はあたり一面、雪景色となっております。

事故のないよう運転には気をつけて、みんなで訪問に出掛けております。

 

 

少し時間が空いてしまいましたが、12月1日、八戸市医療と介護の多職種連携研修会としてアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の研修が開催され参加させていただきました。

 

このアドバンス・ケア・プランニングとは、直訳すると【事前 医療ケア・プランニング】といいますが、人生の最終段階に、本人が意思決定・表明できなくなる場合に備えて、本人と家族および医療ケア・チームが予め話し合い、どのような医療・ケアを行うかについて合意を目指すプロセスを定義としています。

 

人生の最終段階において、医療従事者が本人、家族と治療方針について話し合う中でも、本人の心身の状態に応じて意思は変化しうるため繰り返し話し合うことが重要となります。

 

 

また、本人の意思が確認できない場合は家族の他に、複数の専門家で構成する話し合いの場を設置し、方針の検討や助言を行い、本人にとって最善の方針を医療・ケアチームで慎重に判断していきます。

 

話し合いを繰り返し行うなかで、本人にとって妥当かどうかをチェックし、本人らしい選択ができるよう支援していくことがアドバンス・ケア・プランニングにおいて最も大切なプロセスとなります。

 

 

今回の研修を通じて、普段から自分がどう生きたいか、医療やケアに対して何を望むかを考えるきっかけにもなりました。

 

11月30日は「人生会議の日」と定められているため、毎年11月30日は皆さんも家族とどんな生き方をしたいか、大切な人にどんな生き方をしてほしいか、アドバンス・ケア・プランニングについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

今日も1日お疲れさまでした。

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.12.23(木)サンパチ日報主任SH編@地域ケア会議

R3.12.23(木)サンパチ日報主任SH編@地域ケア会議

 

AM

Zoomミーティング

アセスメント、ケアプラン作成

電話モニタリング

提供票作成、交付

 

PM

提供票作成、交付

勤務終了

 

【今日のいいこと】

一週間前になりますが、高齢者支援センター修光園主催の地域ケア会議に主任ケアマネジャーとして出席させていただきました。

 

テーマは「小規模多機能施設を利用している独居(認知症高齢者)の方への地域資源」。

事例提供者、薬剤師、理学療法士、作業療法士、訪問看護師、社会福祉士、主任ケアマネ、ケアマネの11名での開催となりました。

 

対策として、

①買い物先までの移動支援や見守り方法を強化チーム作り。
・スーパーのスタッフ
・地域住民、友人
・サービス提供事業所職員、地区の高齢者支援センター職員

②スーパーまでの移動支援。
・自宅からスーパーの間に休憩できる椅子の設置
・迷わないように案内板の設置
・シルバーカーなどの活用

③帰宅困難時の支援
・あんしんカード事業への登録
・事業所連絡先書字の継続

 

 将来的に、自宅での生活が可能と思われるラインを本人と家族と話し合い、施設利用についても情報共有していく、という流れとなりました。

 

 今回は、青森県介護支援専門員協会八戸支部の主任ケアマネとして初の参加となり、緊張しながら開催場所へ向かいましたが、センタースタッフの温かいおもてなしで、気持ちが和らぎました。

 

 多職種との連携は、各専門職としての目線からの、助言を一緒に聴くことができて大変参考となりました。

 

 地域の課題を解決できるように、これからもインフォーマルサービスなどの社会資源を提案できるように、日々邁進してまいりたいと思います。

 

今日も一日、おつかれさまでした!

 

 

明日は、クリスマスイブ🎄

孫へプレゼント~

 

 

→日報一覧はこちらから