R3.1.21(木)サンパチ日報社員SY編@新春初研修

R3.1.21(木)サンパチ日報社員SY編@新春初研修

 

AM

ZOOM朝礼

家屋調査

事業所との連絡調整

 

PM

訪問

事業所、家族との連絡調整

記録、プランの作成

終業

 

 

まだまだ寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は毎年恒例のしもやけが発生し、静かに痛痒さと戦っております。予防策の一つとして、血行を良くするのが良いそうです。手っ取り早く、養〇酒を飲むべきかドラックストアを見るたびに悩んでいます…

 

さて、そんなしもやけと戦いつつ研修参加の為、20日(水)に八戸市総合保健センターへ行って参りました。

 

 

 

 

 

 

「高齢者のお薬管理の注意点と薬局との連携」と題された研修でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ感染予防の為、他研修参加者との距離が離れているのはもちろんの事、長テーブルに一人着席となっておりました。

まだ先行きは見えにくい所もありますが、今年こそはワクチンに期待したいですね。

 

研修を聞いていてふと思ったのが、飲み忘れや飲み間違いはないか確認することに偏っていて、薬の保管については、あまり気に留めていなかった事を振り返れました。

資料には保管管理と使用方法について

  • 冷所保管(もしくは室温保管)
  • 遮光保管
  • 吸湿性がある
  • 使用時の振とう有無 の4つについてそれぞれ説明が行われました。

 

個人的に興味深かったのは、1の冷所保管・室温保管でした。

皆さんは常温や室温、冷所と聞くと大体どれくらいの温度を想像されるでしょうか?

薬剤師さんたちが伝える薬を保管する際の温度とは、以下の通りだそうです。

 

 

 

 

正直、あまり保管温度は気に留めていなかったので、今後はモニタリング時などに保管場所や温度も意識していきたいなと思いました。

 

サービス利用をされている高齢者の方であれば、家族以外に薬の状況を目にする機会がある事から、多職種連携で関わり、見守っていく事が大切であるとも講師の先生よりお話がありました。ぜひ、薬局を活用してくださいとの嬉しいアナウンスもありましたので、困ったときには地域の薬剤師さん達の力をお借りさせて頂きます!

関係するみんなで連携していく為にも、適切に情報提供や共有を図っていきたいと改めて考える事が出来た時間でした。

 

 

 

本日も一日お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

R2.11.7(土)サンパチ日報管理者K編@リーダーシップ

R2.11.7(土)サンパチ日報管理者K編@リーダーシップ

 

AM

オンラインセミナー(Zoom)

 

 

PM

給与計算

帰宅

 

【今日のいいこと】

今日は、事業所は公休でしたが、かっこうの森主催のオンラインセミナーリーダーシップとはなにか ~ただひとり立ち向かう君へ 講師 酒井 穣 氏」へ参加しました。

 

 

 

 

好奇心のかたまり、と思われる酒井さんのストーリーに冒頭から引き込まれ、生物学と科学的な視座から、他に聞いたことのない酒井さん独自のリーダーシップ論が展開されました。

 

…………………………………………

同化と異化

凄いとどうでもいいが行ったり来たり、ノリつつシラケる

悩むことが知性

簡単に白黒をつけない=悩むこと

ニュートラル = 悩むことからの逃避

何かに深くノルために発信 →自己顕示欲(賞賛への欲求)
※SNS いいね!

賞賛欲求があるから社会の倫理ができている。
褒められたいから〇〇する。

 

[考察]

割りと早い段階から、Facebook等のSNSを利用し、当初はよく投稿をしていましたが、途中から、自ら、

「なんだ、ただの自慢じゃないか」

「ただの自己満足の世界で、他の人が見ても面白くもなんともないじゃないか」

「いいね!の数を増やしたいだけじゃないか」

と思うようになり、個人的投稿はほぼしなくなりましたが、あれが、自己顕示欲からくる賞賛欲求であり、それが原動力となって、確かに、発信を前提として、色々な場に出向いたり、調べたりしていたなあと思い出しました。

 

今はこの日報がメインにはなっていますが、4年目を迎え、書き続ける目的と意欲が若干低下気味ではありましたが、自らの好奇心を刺激し、外の世界に関心を向け、無知に気づき、知識を深めていくサイクルを絶やさないためにも発信し続けようと思うことができました。

自分のために発信し続けようと思います。

 

 

…………………………………………

山を動かすのは、善意ではなくブルドーザー。

群れのルールと逆がリーダーシップ 人と同じことをしない。

世界を変えるためには、群れ全体に進むべき方向を示す必要はない。

自分として進むべき方向を決め、そこに向かって、自分が歩むこと。

群れから外れると目立つ、そして、選ばれる。
→群れから離れればいい ※差別化

 

 

リーダーシップ → 自己組織化 (Wikipedia:物質や個体が、系全体を俯瞰する能力を持たないのに関わらず、個々の自律的な振る舞いの結果として、秩序を持つ大きな構造を作り出す現象のことである。 自発的秩序形成とも言う)

自己組織化に抗い、悲惨な未来予想(少子高齢化、etc…)をくつがえす。

→自分探しはほどほどに、社会への関心を鍛える。

 

[まとめ]

・様々な物事にノルために発信。

・現実に動くブルドーザーになる。

・悲惨に向かう自己組織化に抗う。

 

 

[質問]

異端児が異端児のまま終わらないためには、孤独に慣れること。

 

リモートワーク下でのリーダーシップの注意点は?
→社員の体調に気を使う、健康、心理状態を気にかける 相手の人間性に配慮する。Zoomミーティングだけだと心ら離れていく、Zoomで恋愛できない、たまには会う、お互いのことを気遣うことが大切。

 

[考察]

介護保険法という枠に浸かり、人と違うことがなかなかできない自分。
そして、自分が進むべき道すら、決めきれていない現状。
リーダーシップを語る段階にもまだない。

 

元来、様々な物事にノルのは割と得意だったが、”何にでも顔を出すが何一つ究めていない中途半端”という自問自答があったが、あながち悪くないのかも、そこから引っかかってくる仲間や資源がある、と思い直すことができました。

 

自立したブルドーザーになるために、まずは、動かすべく山を探す必要がある。

 

悲惨な未来予想を感じつつあるが、日々の目の前の仕事にのみ目を向け、未来に目を背け、それらをくつがえすという課題意識が全くない、よって、社会課題への活動、ソーシャルワークにつながらないことが奇しくも判明した気がします。

 

社会の未来予想というマクロの視点で、目の前の仕事を捉える訓練が必要なようだと気づきましたので、精進します。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R2.10.29(木)サンパチ日報管理者K編@国家公務員

R2.10.29(木)サンパチ日報管理者K編@国家公務員

 

AM

zoom朝礼

有料老人ホーム情報収集

銀行手続き

訪問介護 連絡調整

ショートステイ予約調整

 

 

PM

インテーク・契約準備

老健施設連絡調整

アセスメント表作成

帰宅

 

【今日のいいこと】

今月は、いつもより少し早めに、月初よりモニタリングへ周り始めたこともあり、最終週となる今週は、比較的落ち着いて業務に当たることができています。

利用者、家族に、
「忙しいところ申し訳ないね〜」
「相変わらず忙しいでしょ〜」
と声をかけられ、申し訳なく感じることがあります。

相談援助職は、心身ともに余裕を持ってクライエントに接することができなければ、その思いやニーズを適切に把握することができません。

来月も、余裕を持ったケアマネジメント業務に努めたいと思います。

 

 

 

そして昨日は、無資格介護職員として介護業界に身を投じ苦節23年、ついに国家公務員になりました。

 

 

青森地方裁判所にて任命式があり、社会福祉士会推薦(自薦)により、最高裁判所から民事調停委員並びに家事調停委員として任命を受けました。

 

今後、裁判所に非常勤で所属し、民事調停、家事調停に関わることになります。

 

服務規律に関する研修では、

◯法律的に責任を問われるような事件を起こさない、関わらない。

◯社会的な非難を受けるような不祥事を起こさない、関わらない。

◯セクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメントとなる行為をしない。

等々の説明がありました。

 

非常勤国家公務員としての服務規律を遵守することに努めたいと思います。

 

 

調停委員としての当事者対応の基本的事項としては、

◯認知的バイアス(思い込み)として、ハロー効果、正常性バイアス、確証バイアス、ジェンダーバイアス、エイジズムへの注意

◯言葉遣い、相槌、リフレージング(繰り返し)、受容姿勢

◯中立公平、多職種チームワーク

◯解決するのは裁判所ではなく当事者

◯専門用語は使わない、わかりやすい言葉

◯理由、根拠を適切に説明

◯守秘義務

といった内容が含まれ、予想していた以上に、社会福祉士やケアマネジャーの専門技術と価値観にリンクする部分が多くありました。

当事者の人生に多大な影響を与えかねない調停という制度に関わることの重責をしっかり受け止め、適正にその職務を全うできるよう努めてまいります。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

↓社会福祉士の大先輩ともご一緒しました

 

 

→日報一覧はこちらか