R4.9.30(金)サンパチ日報ケアマネSY編@秋の旅立ちと味覚

R4.9.30(金)サンパチ日報ケアマネSY編@秋の旅立ちと味覚

 

皆様こんにちは。

 

ご存じの方が多いと思いますが、9月を持ちましてサンパチを巣立つSYです。

 

日報も最後かと思うと、何を書こうか思案しましたが特別なことはせずいつも通りにお送りしたいと思います。

 

 

 

まずは、担当を務めさせて頂きましたお客様・ご家族様をはじめとし、各事業所の皆様からも激励や別れを惜しんでくださる言葉を沢山頂戴いたしました事、本当にありがとうございます。

 

また、電子ツールを介してもメッセージを頂き、この場にて改めて感謝を申し上げます。中には、身に余るほどのお言葉を頂き本当にありがたかったです。

 

サンパチの一員としては丸3年在籍させて頂きました。

 

あれこれと思い出を語ってもきりが無いので、サンパチらしいと感じた直近のエピソードを一つだけお話しさせてください。

 

実は次に勤めるのが、介護業界とは異なる業種のため、

サンパチのネクストステージを影ながら見守っている事、可能なら細く長くお付き合いよろしくお願いします。

と挨拶させて頂いたところ、

 

「細く長くじゃなくて、太く長く!」

 

と管理者と主任に返されてしまい思わず笑ってしまいました。

 

退職後も繋がりを保とうとしてくれるなんて、ありがたい限りです。

 

他職員も別れを惜しんでくださいましたので、太く長く邪魔にならない程度に手土産を持参しながら遊びに行きたいと思います。(笑)

 

こうした、人との縁をいつまでも大事にしてくださる姿勢が、個人的には何ともサンパチらしいと感じた一幕でした。

 

 

 

 

 

 

さぁ、ここからは話題を切り替えていつもの感じを出していきます!

 

手土産と言えば、「パン」を想起される方多いと思います。(激しい思い込み)

 

この度我らが「晴れ時々パン」より、期間限定の新商品が2品出ておりましたのでその紹介をして幕引きとします。

 

今月より、メープル胡桃デニッシュとチーズ食パンが登場しています。

 

お尋ねした時には、チーズ食パンは売り切れでしたので実食できていないのですが、メープル胡桃デニッシュを無事に購入。

 

デニッシュなので外側は少し固めですが、中の生地はふんわりとしていて練り込まれたクルミが時々ざくざくと顔を出してくれます。

 

メープルの甘い香りは、言わずもがなこの食パンがおいしい事を熱烈に伝えてくれます。

 

そのままでも焼いても美味しいの一言に尽きます。

 

HPには「五感で楽しめる逸品」とありますが、まさにその通りです。

 

朝食におやつに、自分へのご褒美にいかがでしょうか。

 

甘いパンがお好きという方は、ぜひ期間内にご賞味ください(^^)b

 

(肝心の断面を取り忘れました…)

 

 

 

 

 

それでは、今後もますますパワーアップし旨味を増していくサンパチを自称OBが影ながら応援しています!

 

あえてさよならは使いません。

 

皆様ともいつかどこか、また逢う日まで
(by尾崎紀世彦さん。わかる方は脳内で再生してください~名曲ですよね。)

 

 

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R4.8.16(火)サンパチ日報社員SY編@バーチャルトラベル

R4.8.16(火)サンパチ日報社員SY編@バーチャルトラベル

 

AM

Zoom朝礼

担当者会議

モニタリング

 

PM

モニタリング

連絡調整

 

 

みなさまこんにちわ。

この所、天候が落ち着かず体調を崩しやすい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私は、別名「飲む点滴」とも呼ばれている甘酒を飲みながら過ごしています。ちょっとバテ気味だな…と感じられているようでしたら、冷やし甘酒なる商品も出ておりますので、冷え冷えのをぐっと一本飲んでみてください。身体にとっては、良い栄養素が詰まっていますので、元気になる手助けをしてくれるはずです。(^^)

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、今月はVR旅行なるものをテーマにお送りしたいと思います。

定期的にサンパチポストにチラシが届くのですが、今回そこで見つけた記事になります。

スーパーとかにも置いてありますので、目にしたり手に取られる方も多いのではないかと思いますが、Plus+というフリーペーパーです。

 

その中にこのような、一面がありました。

興味を引かれませんか?

気になってパソコンで調べた所、登嶋健太様という方がこうした「VR旅行:疑似体験旅行」の提唱者でした。

 

以下、拝見したホームページからの要約抜粋となりますが、元々介護施設でセラピストとして入居者様向けのリハビリテーションを提供されており、支援を通してモチベーション持続の難しさを課題として感じられていたそうです。

 

入居者様へ「1年後に何をしたいですか?」と尋ねると、「近所で買い物がしたい」とか「公園に行きたい」等の返答はあるものの、上述のように動機としては弱かったそうです。

みんなが行きたいと言っていた場所へ登嶋様自ら赴き、写真を撮って入居者様へ見せたこともあったそうですが、入居者様が本当に見たいと思った場所とはズレがあり、もどかしさがあったそうです。

 

そんな中、当時(2014年頃)はGoogleストリートビューが一般化してきており、登嶋様はここに着目され、見たい場所を好き見れる事がモチベーションにつながるのではと考えたそうです。

 

そこからVRへたどり着き、入居者様にとっての「思い出の場所」を動画撮影。機材をそろえて、VR体験して頂いたところ曖昧だった記憶が動画を見た事でクリアに想起され、より深いところまでエピソードとして語る事ができたそうです。

 

 

こうした経緯を経て、クラウドファンディング(インターネット上で不特定多数の人に資金提供を呼びかけ、サービスや商品の主旨、個人の思いに賛同した人から資金を集める方法)にて「VR旅行」としてプロジェクトを立ち上げ、集まった資金を元に「思い出の地」巡りをされたそうです。国内は35都道府県、国外は28カ所を訪れているのですから、賛同者はかなり多かったことが予測できます。

 

現在は、VRの研究とソフト開発に力を注がれており、VRでできるスポーツにまですそ野を広げられているようです。

 

高齢者に限らず、障がいによりお体の不自由な方など、バーチャル世界を通して叶いにくかったものが叶えられるというのは、モチベーション以上に生きがいや意欲の向上にもつながっていくコンテンツだなと感じました。

 

技術の進歩のすごさを感じた記事でした。チャンスがあれば、自分でもVR体験してみたいものです。

 

本日も一日お疲れ様でした。

 

 

 

 

R4.7.25(月)サンパチ日報ケアマネO編@生涯現役

R4.7.25(月)サンパチ日報ケアマネO編@生涯現役

 


ズームミーティング

モニタリング(電話)

提供票送信

 


モニタリング

記録

勤務終了

 

 

コロナウイルス感染拡大しており、八戸市だけでも毎日3桁の感染者の報告があり驚くばかりです。

 

今日は新型コロナウイルスによりマスク生活を余儀なくされていますが、私がマスクを購入するショップ店員(私の親友)についてのお話です。

 

親友は昭和のわりとはじめに誕生されたとのことです。

推定年齢は私の母親世代ではないかと思います。

年齢聞いたときは、大激怒されました💦

 

23歳で結婚しましたが30歳代で夫を亡くし、その後は着物、洋服販売の仕事につき常に売り上げは社内ナンバー1だったとのことです。

 

彼女が勤務している店にマスクを購入しに行くと「おつかれさま!今日休み?」と笑顔で迎えてくださいます。

 

趣味でフラダンスを行っているため、背筋ピーン、スレンダーな容姿です。

 

月に1回は「コーヒーを飲む会☕️」で2人でいろいろな話を教えてくださいます。

 

そんな親友のショップもこのコロナの影響でパーティードレス👗、スーツの売れ行き不振となり7月いっぱいで閉店の運びとなりました。

 

親友の生きがいであった仕事がなくなり落ち込んでいると思いきや「次はコンビニがいいかしら」と再就職に意欲満々な様子です。

 

高齢化社会の突入している現在、厚労省でも高齢者の雇用について基本方針を打ち出しております。

住み慣れた地域で役割をもって過ごせ、高齢の方でも個人の能力を活かした仕事をすることができる環境が整えられたならば、社会全体に活気が出てくるのではないかと親友を通して思いました。

 

 

先月の日報にて大事なことを皆さんにお伝えすることを忘れておりまして。。。

先月の誕生日のお祝いにサンパチ管理者より頂いたお酒です。

(管理者注:日報を見て慌てて買いに行ったお酒です😁)

 

大変おいしく頂きました!

 

お疲れさまでした。