R3.1.8(金)サンパチ日報管理者K編@松の内(終)

 

R3.1.8(金)サンパチ日報管理者K編@松の内(終)

 

AM

Zoom朝礼

弔問

出社

雪かき

 

PM

買い物(雪かきスコップ)

銀行(源泉所得税納付)

帰宅

国保連請求事務

青森県国保連照会(電話)

家族連絡調整(電話)

医療機関連絡調整(電話)

デイサービス連絡調整(Eメール)

終業

 

【今日のいいこと】

昨日で、正月を祝う期間である「松の内」も終了し、本日より暦の上でもいよいよ正月気分は完全に終了です。

 

今朝は、まあまあ雪が積もりましたので、朝は自宅でZoom朝礼後、ちょっとした通勤渋滞が終わったあたりに自宅を出発し、後見業務からスタート。

被後見人のご兄弟がご逝去され、被後見人からのご依頼により、香典を準備し、代理でお届けし、私自身もお世話になっていたこともあり、故人に末期の水【まつごのみず】(口元を水で潤すこと)と御焼香をさせていただきました。

 

実は、この葬祭ホールを訪れるのは、今年2回目でした。

数日前には、前職勤務先の当時の代表取締役がご逝去され、現在の代表取締役からもご連絡いただき、告別式に参列させていただきました。

26歳から独立開業するまでの十数年間、現在の自分自身の礎となる多くの貴重な経験をさせていただきました。

 

新年早々、命の尊さ、御縁の大切さを感じさせていただきました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

その後は、事務所の雪かき業務でしたが、思ったよりも降雪が少なく、ほんの1時間程度で終了。

よくよく考えると、昨日のうちに、知り合いの便利屋さんが、気を利かせて雪かきをしてくれていたことが判明。

 

こちらも前職でつながったご縁、温かい善意に触れ、新年早々、利他の心の大切さを感じることができました。

 

 

帰宅も、ちょっとした交通渋滞を避けて、夕方早めの帰宅。

その後自宅にて、各所への連絡業務、国保連請求業務を行いました。

時差出退勤や、直行直帰での訪問業務にて、移動時間と交通トラブルのリスクが大幅に軽減され、リモートワークを取り入れたケアマネジメント業務の利点を改めて感じています。

 

これら、事業所としてのストレングスを十分生かしながら、不足することも過ぎることもない、ニーズに的確で、本人・家族のストレングスを生かした、過不足のない支援を展開していきたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R2.12.18(金)サンパチ日報管理者K編@あおもり医療・介護手帳

R2.12.18(金)サンパチ日報管理者K編@あおもり医療・介護手帳

 

AM

Zoom朝礼

訪問介護 連絡調整

配食サービス 連絡調整

家族 連絡調整

記録

 

PM

記録

出社

認知症疾患医療連携協議会

帰宅

 

【今日のいいこと】

日に日に寒さ増す毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

サンパチ前の道路も、降雪時の朝の通勤時間帯では、車の渋滞が発生しております。

リモートワーク中でも、唯一通常出勤を続けていた私も、朝の通勤ラッシュによるタイムロスを防ぐため、また、早朝の厳寒を避けるため、朝は在宅勤務に切り替えつつあります。

朝は自宅の暖かい環境で仕事をし、通勤ラッシュを避けて時差出勤するという、リモートワークの恩恵に預かっています。

北国では特に冬のリモートワークはオススメです。

もちろん、必要な訪問や面談はありますので、リモートワークと訪問外出をメリハリをつけて行っています。

 

 

さて、昨日は、午前中は在宅勤務、午後ははちのへ認知症疾患医療センター主催の認知症疾患医療連携協議会に介護支援専門員協会八戸支部として出席してきました。

会場は、初めての八戸市総合保健センター。

立派な建物です。

 

 

 

今回の議題では、青森県が作成した、認知症情報連携ツール「あおもり医療・介護手帳」が取り上げられました。

 

「認知症情報連携ツールは、認知症の人やその家族を含め、ご本人を支える医療・介護等 関係者の間で、認知症の人の治療や支援等に役立つさまざまな情報を共有するためのツ ールで、ご本人・ご家族が、ツール(手帳)を医療・介護関係者に提示し、関係者が最 新情報の閲覧・書込みを行うことで、互いに情報を共有して連携を深め、本人に合った 治療や生活の継続支援を行うものです。」

 

今後、市町村を中心に、普及を図っていきたいとのことです。

 

青森県の医療・介護関係者はその活用方法について理解しておく必要があります。

↓詳しくはこちらから
認知症情報連携ツール「あおもり医療・介護手帳」

 

お薬手帳のように、本人や家族が管理することを基本とし、ICTではなく、紙ベースのリングファイルでの連携ツールとなっており、専門職のみならず、本人・家族、県民の理解を得ていく必要があります。

情報がつまったファイルも、本人や家族が関係機関に持参しなければ、連携ツールにはなり得ません。

手帳を作成しただけでは何にもなりませんので、活用に向けたこれからの動きが大切であり、活用されなければ意味がなく、経費や労力、貴重な資源の無駄遣いとなってしまいます。

 

今後、市町村がどのように普及を図っていくかはまだ未定のようですが、介護支援専門員協会八戸支部としても、サンパチとしても、今後の動向を注視していきたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R2.7.22(水)サンパチ日報管理者K編@オンラインセミナー

R2.7.22(水)サンパチ日報管理者K編@オンラインセミナー

AM

他法人会議

サービス付き高齢者向け住宅モニタリング

役場手続き

 

PM

郵便局手続き

モニタリング記録

支援経過記録

オンラインセミナー

他法人web会議

帰宅

 

【今日のいいこと】

今日は、Zoomオンラインセミナーに参加しました。

 

「リモートワーク時代の健康経営とダイバーシティマネジメント
〜在宅勤務で従業員の「老化」が加速する〜」

 

八戸にも何度かおいでになっている株式会社リクシス副社長、酒井穣さんの講演です。

 

「健康経営」
「健康投資」
「ダイバーシティマネジメント」
「多様性リテラシー」

 

普段、ケアマネジャー業務だけをしていると、なかなか、耳にすることのない言葉に触れることができました。

 

リモートワークでは、肩こり腰痛、精神的ストレス、運動不足、コミュニケーション不足による孤独感等のリスクが高まり、業務効率、生産性、業績の低下につながり、何より社員の死亡リスクが高まる可能性があると個人的に理解しました。

 

これからの新しい生活様式、New normalにおいて、国はリモートワークを推奨していますが、決してメリットばかりではなく、健康リスク・経営リスクが高まる要素もあると理解しました。

 

現在、サンパチは、事務所出勤は週1回程度と少ないですが、完全リモートワークではなく、利用者面談と在宅ワーク、外勤と自宅内勤務が半々の状態となっています。

 

よって、マネジメントの仕方次第では、リモートワークと通常勤務、双方のメリットが活用でき、健康面と経営面をさらに高めていける可能性があると感じました。

 

リモートワークを導入しているからこその、社員との密なコミュニケーションと心身状態の把握、運動や健康状態の把握と支援を意識し、今後も取り組んでいきたいと思います。

 

現在のサンパチの4名は、専門職としての経験や能力、人間性、資格、生活状況や立場、役割など、多様性に溢れており、それが事業所としてのストレングスになっていると感じます。

 

これらを最大限生かしたダイバーシティマネジメントにより、事業所や個人に起こりうるさまざまな状況、ライフイベントに対して、最適な対応をしていきたいと思います。

 

ますます柔軟で、頭も仕事も人も体も?やわらかい会社を目指します。

 

今日も一日おつかれさまでした。