R3.7.16(金)サンパチ日報管理者K編@第三者委員

R3.7.16(金)サンパチ日報管理者K編@第三者委員

 

AM

Zoom朝礼

書類整備

第三者委員会

 

PM

合同事例検討会準備

利用者後見人連絡調整

サービス事業所連絡調整

主治医変更手続き

帰宅

 

【今日のいいこと】

今日は、今年度から委嘱を受けた社会福祉法人の第三者委員として、第1回の委員会に出席してきました。

 

 

初めての出席で若干緊張しましたが、私は社会福祉士として、他にケアマネジャー事業所の代表の方、地域の町内会長の方も出席されていました。

 

 

法人側としては、理事長、特養施設長、デイサービス・ショートステイ・小規模多機能事業所2ヶ所・居宅介護支援事業所の各管理者が出席していました。

 

 

第三者委員の役割は、法人より苦情内容の聴取、利用者からの苦情の直接受付、苦情申出人や法人への助言、双方の話し合いの立ち会い等になります。

 

 

今回は、法人より、苦情受付の報告がありましたが、一般的に、苦情なのか?要望なのか?の明確なボーダーラインは存在せず、中には、どちらにでも分類できるケースもあります。

 

 

大切なのは、
「これは、苦情ではなく、単なる要望であり、利用者・家族もそこまで怒ってないから、特にそこまで改善に取り組む必要はない」

といった、都合の良い解釈をしないことだと思います。

 

 

「苦情」という響きは、ネガティブなイメージが強いために、十分意識しておかなければ、事業所に起こりうるワナのひとつです。

 

 

苦情や要望は、顧客からの強いニーズの裏返しであり、強い顧客ニーズは、事業運営上、大きなビジネスチャンスにつながる可能性もあります。

 

 

第三者委員として、地域の社会福祉法人の質の向上に関わることは、社会福祉士として地域の貴重な社会資源をエンパワメントしていくことにつながりますので、微力ながら、その職責を果たしていくと共に、自事業所の運営にも生かしていきたいと思います。

 

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.7.8(木)サンパチ日報管理者K編@調停委員研修

 

R3.7.8(木)サンパチ日報管理者K編@調停委員研修

 

AM

Zoom朝礼

調停委員業務

 

 

PM

デイケア利用再開連絡調整

ケアプランチェック

国保連請求

支援経過記録

帰宅

 

【今日のいいこと】

先日、家庭裁判所にて、調停委員研修会に参加してきました。

 

テーマは、ステップファミリーや親ガイダンスといった、調停における子や親子関係の理解についての内容でした。

 

 

ステップファミリーとは、「再婚や事実婚により、血縁のない親子関係や兄弟姉妹関係を含んだ家族形態。ステップは英語で「継(まま)」の意。夫婦のどちらか、または両方が、以前のパートナーとの間にもうけた子どもを連れて再婚した場合に生じる。」ものです。

 

家事調停において、子の福祉は重要な視点となっています。

 

親同士の紛争に、子が影響を受け、健やかな成長が阻害されないように、当事者となる父母双方が子の福祉のために十分留意する必要があり、その理解を深めるために、家庭裁判所調査官による親ガイダンスを受けていただくことがあります。

 

親同士の紛争とは別に、例え、離婚が成立し親権がいずれかの親に決定したとしても、父母両方が子との健全な関係を継続していくことが、子の健やかな成長のために必要であると考えられています。

もちろん、個々の事情により例外も存在します。

 

 

何らかの紛争が存在するために離婚などの調停は申し立てられますが、「子の健全な成長のため」といった点については、両者の想いが重なる部分があり、そういった視点の中で、紛争の解決、合意のためにアプローチすることも有効であることなど、勉強になりました。

 

 

このことは、日々のケアマネジメント業務や相談援助においても、一見、意見が相反する関係性の中でも、両者の想いが重なる共通点を見出し、合意できる点を模索すること、そういった視点を提示していくことも、時には有用であると感じました。

 

 

家庭裁判所内での研修という貴重な機会を、円滑な調停運営と、日々の業務や生活全般にも役立てて行きたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.6.21(月)サンパチ日報管理者K編@在宅看護学実習②

R3.6.21(月)サンパチ日報管理者K編@在宅看護学実習②

 

AM

Zoom朝礼

在宅看護学実習

 

PM

在宅看護実習

有料老人ホーム連絡調整

家族連絡調整

支援経過記録

帰宅

 

【今日のいいこと】

本日は、八戸学院大学看護学部4年生の実習の日でした。

 

前回に続き、2回目の受入れで、3名の看護師の卵が来所しました。

 

在宅看護実習として、訪問看護ステーション、有料老人ホーム、居宅介護支援事業所での実習を実施しているとのことでした。

 

今回も、挨拶や言葉遣いなどの接遇面がしっかりとしていて、自然な笑顔が印象的な学生さんたちで、説明に熱心に耳を傾け、メモをとっていました。

 

 

ケアマネジャー役割、日々の業務内容、看護師との連携について、説明しましたが、

ケアマネジャーとは何をする人なのか?

この単純な問いに、明快に一言で解答することは、簡単なようで難しく、介護保険法第7条には、

「介護の相談に応じ、ケアプランの作成や市町村・サービス事業所・施設等とのとの連絡調整を行う者。」

と明記されています。

 

が、実際は、これだけに収まらないことは言うまでも有りません。

 

付随する業務は多数あり、時には、本来業務ではない、住所変更手続き、入院手続き、夫婦喧嘩の仲裁、警察現場検証立会い、など多岐に渡ります。

 

多職種連携で、誰の役割でもないことは、

「ケアマネジャーに相談すればいいよ」

と言われたと相談に来る利用者もいらっしゃいます。

 

利用者が遠慮なく何でも相談してくれることは、ケアマネジャーとして、社会福祉士として、相談援助職冥利に尽きることではありますが、とは言え、すべて何でもやってあげることは自立支援、エンパワメントの理念に反し、ケアマネジメントではなく、利用者の力を奪い、依存的関係をつくってしまうことにもなりかねませんので、利用者・家族の力を引き出し、活かしながら、ケアマネジャーの本来業務から逸脱しない範囲での、過不足のないギリギリをせめぎ合うマネジメントが必要になります。

 

ケアマネジャーに限らず専門職がやり過ぎればやり過ぎるほど、利用者や家族の力を奪い、パワーレスの状態にしてしまい、自立を阻害してしまうことになりかねません。

 

多職種連携を通して、介護職出身のケアマネジャーは、医療とリハビリの視点が欠如しないよう、強く意識しなければなりません。

 

学生に伝えることで、自分の中のケアマネジャー論が整理されていきます。

 

テキストに記載されていない実際の現場の動きを意識してお話しました。

 

午後からは、住宅型有料老人ホームや、サービス付き高齢者向け住宅へのモニタリング訪問へ同行してもらいました。

 

積極的に質問をするなど、意欲が見られました。

 

無事に国家試験に合格し、心温かい看護実践ができる専門職へ成長し、また、地域のどこかで再開し、連携できることを楽しみにしたいと思います。

 

それを楽しみにしながら、おじさんも成長し続けたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから