R4.1.22(土)サンパチ日報管理者K編@カレーの日

R4.1.22(土)サンパチ日報管理者K編@カレーの日

 

AM

相談対応

 

PM

公募審査資料読み込み

帰宅

 

 

【今日のいいこと】

 

本日は、土曜日で居宅介護支援事業所は休業日ではありますが、社会福祉士事務所としての相談対応のため、出社しました。

 

午前は、身元引受・身元保証、成年後見関連の来所相談がありました。

 

その後は、八戸市地域密着型サービスの公募審査資料の読み込みを行いました。

 

 

 

そして、本日はカレーの日。
http://www.curry.or.jp/currysday/

 

昼食は、「まちの茶屋 しゃべるばあ~」からテイクアウトしたカレーライスにしました。(夕食も)

 

通勤途中にあるこのお店で、時々、朝カレーを楽しんでおります。

まちの茶屋 しゃべるばあ~
https://twitter.com/machiba_yawata

 

お惣菜屋からオードブル、焼き芋から焼きそばパンまで、なんでもあります。

メニューになくても、大概のものはリクエストできるようです。

 

うん十年ぶりに、地元へUターンし、開業された、とてもパワフルなオーナーさんです。

 

このコロナ禍において、地域住民が、食を通じて集える場所は貴重であり、地域のつながりを再構築できる、地元に馴染んだ本物の「集いの場」「コミュニティ・カフェ」になりうると勝手に注目しております。

 

行政や福祉専門職たちが創る集いの場は、不定期で、ボランティアで収益性、自立性に欠け、持続性を担保するのが難しく、様々な困難があります。

 

ということで、勝手に応援しております。

 

日替わりの朝カレーと夕カレー、本日も美味しゅうございました

 

皆さんも、どうぞ、お気軽にお越しください。(まるで店側の言いよう)

 


(公式Twitterから画像お借りしました)

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.1.1(土)サンパチ日報管理者K編@年賀状

R3.1.1(土)サンパチ日報管理者K編@年賀状

 

新年明けましておめでとうございます。

 

サンパチ開業より6回目のお正月を迎えました。

 

2016年の開業以来、現在まで事業継続、成長してこれたことは、ご利用者、ご家族、関係機関各位のご協力、ご支援があったからこそと、新しい年を迎え、心から実感しております。

 

これからも初心を忘れず、奢らず、守りに入らず、謙虚に前向きに自分たちなりの挑戦を続けていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いたします。

 

 

 

社内ペーパーレス化、デジタル化、業務効率化の取り組み、サスティナブル、環境保護の観点から、今年も年賀ハガキによる新年のご挨拶は見合わさせていただき、デジタル年賀状のみ作成しております。
来年以降の当社に対する、年賀状によるお心遣いもご無用でございます。

 

何卒、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.12.31(金)サンパチ日報管理者K編@2021年個人的10大ニュース

R3.12.31(金)サンパチ日報管理者K編@2021年個人的10大ニュース

 

大変月並みではございますが、今年も早いもので最後の日を迎えました。

今年一年、皆様方には大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

 

 

今年も色々あったような気がします。

すでに1年前の記憶が定かではないような気がしていますが、ここで2021年の個人的10大ニュースを振り返ってみたいと思います。

 

第10位
「ホームページからの相談、問い合わせがポツポツ」
市民からのLINEやメールによる福祉相談や、市内や全国のケアマネジャーや社会福祉士からの問い合わせをポツポツいただくようになり、微力ながら相談対応させていただくことができました。

細々と更新してきたホームページとブログの成果として嬉しく思っています。

 

第9位
「子供らがダブル受験生でハラハラ」

高3、中3のダブル受験生を抱え、塾や補習送迎など、身も心も懐もどことなく落ち着かない日々です。
結果も大切ですが、元気に笑顔で人生を楽しんでほしいと願うばかりです。

 

第8位
「社会福祉士として成年後見受任」
今まで市民後見人として活動してきましたが、4年以上に渡る講習を修了し、社会福祉士として成年後見を受任できるようになりました。

調停員と合わせ最近は毎週のように裁判所に通っています。
社会福祉士だからこそできる被後見人の権利擁護を丁寧に行っていきたいと思います。

 

第7位
「事務所の物置小屋の鍵がなくなる」
年の瀬に紛失、数日探しても見つからず、ついにドアノブごと交換しました。犯人は…

 

第6位
「社会福祉士としてスクールソーシャルワーカー受任」
青森県からスクールソーシャルワーカーの任用を受け、初めて子ども家庭福祉分野にて活動する機会をいただきました。

未経験の分野で職員室にいるだけで緊張しておりますが、勉強と経験を積み、課題を抱える児童生徒の環境面への支援に尽力したいと思います。

 

第5位
「ハイブリット勤務にてコロナ禍でもスムーズに業務遂行」
新型コロナウィルスの拡大状況に応じ、完全在宅勤務から、在宅勤務と出社を組み合わせたハイブリット勤務へ移行し、感染予防とケアマネジメントを両立しました。

現在は、週4日出社と週1日在宅勤務を交代で行っています。

 

第4位
「新入社員入社。ケアマネジャー・社会福祉士が5名体制となる」
ケアマネジャー1名が新たに入社し5名体制となりました。

5人それぞれの個性とスキル、人間力を融合しながら高め合い、どんなケースにも対応できうる支援の幅と深さがさらにアップしました。
今後も利用者個々の特性に合わせた支援を展開していきます。

 

第3位
「ついに右下奥歯の土台が割れ、インプラント手術予定となる」
長年、歯科通院を怠っていたツケとして、インプラント手術が必要となり、数十万の出費が確定しました。
ケアマネジャーとして、口腔ケアの大切さを身をもって体感するためにも来年はインプラント手術費用のため馬車馬のように働きます。

 

第2位
「複合的生活課題へのケアマネジメントに取り組み、経験と知見を得る」

身寄りなし、認知症1人暮らし、生活困窮、セルフネグレクト、虐待、癌ターミナルケア、精神疾患等の多角的ニーズを有した方の支援にも関わらせていただき、多くの貴重な経験と知識、関係機関・社会資源とのネットワークを構築、活用方法を学ぶことができました。

 

第1位
「年の瀬についにiPhone7がお風呂で水没、スマホのない年越し」
2017年から使用していた愛機iPhone7が2度目の水没でついに機能停止。
しかも12/30この年の瀬に。
現在スマートフォンありません。(電話は転送で対応できます)
すぐにApple Storeにてネット注文し元旦には新型iPhoneが届く予定です。
デジタル機器に依存した生活を振り替える良い機会となりました。
来年はデジタルデトックスによる思考の時間を多く取り入れることを目標の一つにしたいと思います。

 

 

以上、独断と偏見の2021年10大ニュースでした。

おそらくもっと重大なことがあったと思います😅

 

 

今年は、忘年ランチ会を開催しました。
会社の財務状況的に特上牛カルビは6枚のみ。
来年は12枚は注文できるよう、さらなる飛躍の年にしたいと思います。

 

今年も一年サンパチ日報にお付き合いいただきありがとうございました😄

来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ🌅

 

 

 

→日報一覧はこちらから