R2.6.19(金)サンパチ日報管理者K編@成年後見&身元保証勉強会

R2.6.19(金)サンパチ日報管理者K編@成年後見&身元保証勉強会

AM

高齢者支援センターより情報収集

サービス担当者会議日程調整

サービス調整

 

PM

グループホーム計画作成業務

有料老人ホームモニタリング

帰宅

 

【今日のいいこと】

本日は、午前は居宅介護支援事業所業務、午後からは、法人業務として契約しているグループホームの計画作成業務の日でした。

20代の頃はグループホームのケアマネジャーとして計画作成業務に携わっていましたので、懐かしい、グループホーム独特の穏やかでゆっくりとした空気感に毎週癒やされています。

利用者支援の実践の場に触れることで、介護福祉専門職として初心に帰る貴重な機会となっています。

 

 

 

 

昨日は、他法人の居宅介護支援事業所から、成年後見制度と身元保証サービスの勉強会の講師を依頼され、身元保証サービスを積極的に展開している株式会社すみれーなさんもお誘いし、少しだけお話させていただきました。

 

事前にいただいた質問では、

  • 成年後見制度についての質問

・どのような方が利用すると有効的な制度なのか。利用することでのメリット、デメリットが知りたい。

・期間がある制度なのか。また、更新手続きは必要なのか。

・市町村申し立てにするにはどのようにすればよいか。

・必要な費用について。

・申し込みで必要な書類は何か。基本情報(フェースシート等)はどの程度のものが必要なのか。また、契約時などはケアマネの同席も求められるのか。

・制度を利用してもできないことを知りたい。また、できない部分はどのように支援していく方法があるのか知りたい。

・判断能力が著しく低下する前に早めに制度を利用したことで、結果、本人が困ることなく生活できたなどの事例があればうかがいたい。

・本人が施設入居後、入院し、亡くなった場合において成年後見人としてできることは何か。どのような流れでかかわっていくのか。

・成年後見人を利用することにより、本人の社会生活において制限などが加わるのか。

・印象に残った事例などがあれば伺いたい。

 

  • 身元保証事業についての内容などへの質問

・費用はいくらくらいかかるのか。生活保護の方もお金がかかるのか。

・どのようなことで困っている方に必要な事業か。また、具体的にはどのようなことを保証してくれるのか。

・できることの内容において成年後見人と同じ部分はあるのか。できること、できないことについて知りたい。

・印象に残った事例などあれば、伺いたい。

・身元保証事業を始められるきっかけや支援をしていて親族や当事者とトラブルになった等大変だと感じるエピソードがあれば伺いたい。

・身元保証事業をする事業所として守るべき法律はあるのでしょうか。

・利用する際に本人の意思確認能力の程度や本人が署名できるなどの条件はあるのか。

 

ケアマネジャー皆さんの成年後見、身元保証への強い関心、意欲が伝わってきました。

 

それぞれがそれぞれの質問に回答する形でしたが、成年後見制度と身元保証サービス(生前事務委任契約・死後事務委任契約)の実践の明確な対比がなされ、対照的な違いとそれぞれの特徴が浮き彫りとなり、自分自身、とても興味深く拝聴しました。

 

国や行政は成年後見制度を推進しており、社会的信頼性は高いですが、ニーズへの即応性や柔軟性、迅速性などにおいて委任契約が適しているケースも多く存在すると考えられます。

本日も、唯一の子が行方不明となっている独居認知症高齢者の紹介がありました。

財産管理と身上監護の多種多様なニーズに即した支援やリファー(紹介)ができるよう、今後も支援技術とネットワークを深めていきたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

11/16(土)サンパチ日報管理者K編@福祉関係者のための成年後見活用講座

11/16(土)サンパチ日報管理者K編@福祉関係者のための成年後見活用講座

PM

福祉関係者のための成年後見活用講座

小規模多機能ホームくらし(無印)の家 見学

懇親会

【今日のいいこと】

青森県社会福祉士会、上十三支部からお声がけいただき、「福祉関係者のための成年後見活用講座」に全スタッフで参加してきました。

私は、社会福祉協議会、司法書士の講演に続き、パネリストとして登壇しました。

と言っても、トータルで15分だけ、市民後見人の立場で、八戸市市民後見人の活動内容についてお話しました。

70名程の福祉関係者が集まる中、今回は特に、初めて「成年後見」についてお話する機会を得たこと、この点ではとても大きな経験となりました。

内容の面でも、笑いの面でも、満足のいく話はできませんでしたが、次につながる経験でした。

バネルディスカッションのテーマでもあった「ぶっちゃけトーク」の難しさも再確認しました。

来年以降は、社会福祉士としての成年後見活動にも注力していきたいと考えているので、非常に貴重な経験となりました。

また、会場に着くと、青森県社会福祉士会、上十三支部の研修担当の10名程の会員が和気藹々と準備に当たっていました。

多くの会員が支部研修の運営に参画するその姿は、私が考える「会員の、会員による、会員のための会の運営」に合致するもので、とても感銘を受けました。

八戸支部でも、このように、受け身ではなく、能動的かつ積極的な会員の支部運営への参加が図られような環境を作っていきたいと思います。

職能団体に加入すると、どうしても、会費を払って、会は何をしてくれるのか?メリットは?会に何かしてもらおう、といった考えになりがちですが、会という枠組み、ネットワークを使って、自らが目指す専門職としての姿や実践を実現する、または、それに資する自己研鑽を自ら行っていく場であると思います。

そのためには、全会員に開かれた、柔軟性の高い組織となることが重要であると思います。

研修の後は、お待ちかねの懇親会です。

県内の社会福祉士らと親交を深めました。

十和田の80歳を超えた女将さんが一人で切り盛りするお店。もつ煮と焼き鳥は絶品でした。

(旨過ぎて写真を撮り忘れ、画像は食べログから)

研修ではできなかった見事な「ぶっちゃけトーク」が展開され、中でも、社会福祉士の大先輩である某事務局長が放った「子供はいますが普段は独身です!」の圧倒的な言葉の余韻に今も浸っています。

中渡会長はじめ、上十三支部の皆さんには大変お世話になりました。十和田の個の強さ、つながりの深さを改めて感じました。本当にありがとうございました。

↓サンパチ一の贈り物上手SYからの差し入れパンプキンケーキ

今日も一日お疲れ様でした。

10/27(日)サンパチ日報管理者K編@青森県歯科衛生士会三八支部シンポジウム報告

10/27(日)サンパチ日報管理者K編@青森県歯科衛生士会三八支部シンポジウム報告

10/20(日)に歯科衛生士会三八支部のシンポジウムに参加してきました。

口腔ケアは、高齢者の死亡要因の上位を占める肺炎、窒息や、低栄養を防ぐことができることなど、具体的データを元にした講義で、改めてその必要性を実感する機会となりました。

何より、ケアマネジャーはアセスメントやモニタリングで利用者を訪問する際、食事時間を避けることが多く、利用者の食事摂取場面を観察することが少ないのではないでしょうか。

口腔衛生のアセスメント方法を、ケアマネジャーが学ぶ機会はほぼないと思います。ケアマネジャーは利用者の口腔内を見せてもらうことは少し勇気がいることであり、見た所で大まかにしかわからないというのが現状ではないでしょうか。

今回、食事摂取場面のアセスメント方法として、
・むせる
・食べこぼす
・口に食べ物をため込む
・丸飲みをする
・上記の症状で食事に時間がかかる
・痩せてくる
※これらを外部観察で抽出できるかが重要なポイントとなる

・いつも目が開いているか
・常にゴロゴロと湿性の音がしていないか
→唾液誤嚥をしていないか
食事後に声の変化はないか
など、学びました。

 

皆さんは、歯科衛生士居宅療養管理指導の運営基準を見たことがあるでしょうか?

そこには口腔ケアだけでなく、
摂食・嚥下機能の維持・向上に必要な実地指導、歯科保健のための食生活指導
と記載されています。

今後は、虫歯の治療や義歯作成だけでなく、連携できそうです。
また新たなネットワークが広がりました。大きな収穫です。

 

午後は、シンポジウムにて、医師、歯科医師、管理栄養士、言語聴覚士、介護福祉士の方々と共に、ケアマネジャーの役割と「食べる」「口腔ケア」への関わりの現状と課題を少しだけお話させていただきました。

発表資料→R1.10.20歯科衛生士会シンポジウム発表資料

シンポジストとして依頼を受けての参加でしたが、誰よりも学びが大きかった気がします。
前日の、シンポジストや歯科医、歯科衛生士さんたちとの懇親会もとても楽しいひと時でした。

有意義な機会をいただいた、青森県歯科衛生士会三八支部の皆さん、ありがとうございました。