R3.12.29(水)サンパチ日報社員SY編@社会福祉士基礎研修Ⅱ

R3.12.29(水)サンパチ日報社員SY編@社会福祉士基礎研修Ⅱ

 

AM

Zoom朝礼

担当者会議

モニタリング

 

PM

連絡調整

記録

大掃除

 

 

皆様こんにちは。

こうしてみると、1年あっという間ですね。

訪問でも、もう今年が終わるのかという話題に触れる事が多かったです。

今年最後の日報となりますが、いつも通りのテーマで行きたいと思います。

 

 

基礎研修Ⅱも今年最後の受講となりました。

実はこの基礎研修Ⅱは来年の2月で、全日程終了となるのですが、学会発表に見立てたレポートの提出を行うという課題があり、今回はその課題を遂行する為にも記録の取り方や実践研究の方法などについての研修内容となっておりました。

 

もう、この課題をクリアできる気がしなくて、今こうして書き起こしているだけでも何となく気が重いです…

 

研修の中で「実践研究を進める上での記録の在り方」という講義があり、普段の記録にも繋げて考える事の出来る内容でしたので、一部抜粋してみたいと思います。

 

「SOAP」というものを耳にしたことがあるという方、多いのではないでしょうか?

個人的には医療現場で使われるイメージを強く持っていました。

この記録の特徴としては、単に経過記録のみを記録していくのではなく、対象者の問題点を抽出し、以下4つの項目に沿って記載していく点にポイントがあるものとなります。

 

S(subjective)主観的情報:対象者が話した内容などから得られた情報

O(objective) 客観的情報:診察や検査などから得られた客観的な情報

A(assessment)評価:医師の診断や主観的情報、客観的情報の内容を元に分析や解釈を行った総合的な評価

P(plan)計画(治療):評価に基づいて決定した治療の方針、内容、生活指導など

 

同市ではありませんでしたが、グループワークで一緒になったケアマネージャーの方は、事業所内でこのSOAPの書き方を取り入れているとの事で普段から活用されているとお話しされておりました。

 

その他は、確率は低いけれど訴えられた時に証拠として提示できるものである事、困難事例対応の際のクレーム対応として自分の身を守るためにも、細かく記録を取っている等の意見が聞かれました。

グループ内で記録得意だよ!という方はおらず、それぞれ悩みながら記録を取られている事も共有する事ができました。

 

全体発表では、5W1Hを意識して記載しているとの回答が多く、次いで他者が見た時に(関係機関への情報提供としてやケースを引き継ぐ場合等を想定して)分かりやすいものであるかどうかを意識しているという話が聞かれました。

 

私は記録がとても苦手で、簡潔に書く事がなかなかできません。

油断していると、システムから「文字数オーバー」の警告文が出るくらい長々と書いてしまうクセがあります。

 

来年からはもう少しスマートな記録が取れる様、研鑽を続けて行きたいと思います。

 

 

 

いつも記事に目を通して頂いたりコメントを下さったりと、皆様にも大変お世話になりました。(^^)

 

次年度も、興味がありましたらぜひ日報を覗きに来てみてください。

サンパチ日報が皆様にとって、何か一つでも刺激につながっていければ幸いです。

 

今年も大変お世話になりました&お疲れ様でした。

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.10.1(金)サンパチ日報管理者K編@「成年後見vs身元保証」

R3.10.1(金)サンパチ日報管理者K編@「成年後見vs身元保証」

 

AM

Zoom朝礼

記録整備

買い物

家族連絡調整

 

PM

自宅モニタリング

支援経過記録

ケアプラン作成

帰宅

 

 

【今日のいいこと】

 

いよいよ10月がスタート。

 

そして、本日10月1日は日本酒の日🍶
https://kampai-sake.jp/

 

徐々に下火になりつつ新型コロナウイルス感染症ですが、まだまだ連日感染者が発生しております。

 

そんな中、長らく延期となっていたサンパチ歓迎会&懇親会。

もう待てませんということで、ついに本日開催することとなりました。

 

オンライン歓迎会&懇親会です😁

 

初の試み、すっかり今更感のあるオンライン飲み会ですが、会話がつながらず、微妙な雰囲気となるという噂も聞きます。

 

15分で終了する可能性もあります😝楽しみです。

 

 

 

 

 

さて、役員を務めさせていただいている青森県社会福祉士会三八支部において、第2回オンライン支部会(研修会&懇親会)を開催することとなりました。

 

 

 

「成年後見 vs 身元保証」をテーマに身寄りのない方等の最適な支援方法について皆さんと共に理解を深めたいと思います。

 

最後にリングに立っているのは果たして!?😁

 

興味のある方はどなたでも参加いただけます。

 

会員以外の方、多職種の方、一般市民の方など、どうぞお気軽にご参加ください。

 

お申し込みはこちらからどうぞ↓
https://forms.gle/TaPXwhJHmUi4qAXTA

PDFチラシ↓
http://www.aacsw.or.jp/files/member_shibu_20211023_2.pdf

 

お知り合いの方にもシェアいただければ幸いです。

 

研修会、懇親会、ぜひ当日お会いしましょう。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

 

 

R3.9.29(水)サンパチ日報社員SY編@社会福祉士基礎研修Ⅱ

R3.9.29(水)サンパチ日報社員SY編@社会福祉士基礎研修Ⅱ

 

 

AM

Zoom朝礼

連絡調整

記録

サービス調整

 

PM

電話モニタリング

担当者会議日程調整

記録

新規ケースへの対応

 

 

 

 

皆様こんにちは。

 

朝晩、だいぶ冷え込むようになってまいりました。

 

寒がりにとっては、布団から出ること自体が辛すぎる季節です。

 

いつの日か布団(こたつでも可)から出ることなく、仕事ができるシステムが確立されればいいのにと今年も明々後日の方向に思考を飛ばしております。

 

 

 

 

さて、19日(日)に6回目となる、社会福祉士基礎研修Ⅱを受講しました。

 

来年の2月までで全11回の開催となりますので、ちょうど折り返し地点といったところです。

 

 

今回は、人材育成系科目と言う事で、スーパービジョンに関する講義とモデルセッション、演習としてスーパーバイジー体験を行いました。

 

 

スーパービジョンとは、対人援助職が指導者から教育を受ける過程の事を指します。今回は、社会福祉士会が行うスーパービジョンと言う事で「より良いソーシャルワーカーを育成する」ことを目的としている事、またその中身について学びました。

 

 

スーパービジョンだけで捉えるなら、私たちも日頃の業務で活用している事が多いと思います。

 

例えば、新人が入社した際は先輩が新人について教育や指導を行うでしょうし、勤めていれば担当のお客様の事で悩みが生じますから、職場内の経験者へ相談し助言や指導を得る事があると思います。

 

 

どうでしょう、皆様の職場内でも結構スーパービジョンを求めたり求められたりしている事が多いのではないでしょうか?

 

 

研修では、社会福祉士会が行うスーパービジョンと言う事で、3つの機能に重点を置いて専門職としての育成を目指していますという講義がありました。

 

テキストそのまま抜粋となりますが、ちょっとお付き合いください。

 

 

〇支持的機能

事例を通して気付きをうながし、スーパーバイジー(指導や助言を必要とする人)が主体的な課題意識に基づいて問題解決改善に取り組むよう進めるもの。

 

〇教育的機能

知識や技術を教える事。また、スーパーバイジーが考えていたことの間違い等、明らかに指導が必要、もしくは説明し理解を正すもの。

 

〇管理的機能

組織メンバーとの協働や職場組織のルール・特性等を理解しながら、適切に役割遂行を行う事が出来るようにするもの。

 

 

となっています。

 

指導や助言を受けるという受け身ではなく、自分が抱える問題を解決していくために、スーパービジョンを活用していく事となります。

 

私は知らなかったのでびっくりしたのですが、社会福祉士協会を通してこのスーパービジョンを受ける際には、契約を交わした上で、スーパーバイザーとして名簿登録されている中から、担当者をコーディネートしてくれるという流れになっています。

 

 

 

職場内でのスーパービジョンでは、同じ空間で同じ職種として仕事をしている事から、言外の雰囲気は伝わりやすいと思います。

 

ただ、この社会福祉士会によるスーパービジョンは、職種も違えばそもそも初対面となりますので、自分の所属や業務についてまず言語化できなければなりません。

 

何に悩んでいるのか、何を考えているのかも正しく伝えていく言語力が求められます。

 

自己チェックシートなどいろんなツールも活用していきますので、険しい山となるでしょうが自己分析や振り返りがしっかりと行われますので、スーパービジョンを終えた時には一皮むけた新しい自分が見えてきそうです。

 

 

どれくらいの人が、社会福祉士協会のスーパービジョンを受けられているのかは不明ですが、福祉の世界に身を置く以上は、受けて損と言う事はまずないだろうなと言う事を強く感じました。

 

 

 

 

いつの日か、自信を持って一皮むけたと感じられる自分に会ってみたいものです。

 

 

本日も一日お疲れ様でした。

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから