R4.6.16(木)サンパチ日報管主任SH編@人生会議

R4.6.16(木)サンパチ日報管主任SH編@人生会議

AM

Zoom朝礼

ショートステイ事業所連絡

支援経過、アセスメント作成

 

PM

認定更新申請書類準備

支援経過記録

勤務終了

 

【今日のいいこと】

少し前になりますが、6月4日に開催されました、青森県社会福祉士会三八支部のオンライン研修会の報告をいたします。

 

今回は、「人生会議のメゾ・マクロ実践報告」八戸市立市民病院 地域医療連携室の柳沢さん、「救命救急医が考える人生会議の意義」と題しまして、八戸市立市民病院の近藤医師よりご講義いただきました。

 

人生の最終段階における医療に関する意識調査において、どこで最期を迎えることを希望するかの問いに、国民の半数以上は「自宅」と答えていますが、実際は13%です。

 

救命救急に搬送されてくる方は、突然病に倒れ、意識が確認できない場合もあります。本人に代わって治療方針や最終段階の意向を決めるには、とても辛く、判断しにくいこともあります。

 

このような状況を鑑みて、患者や家族、医療者にとっても、限られた時間や、せかされた状況で判断を迫られることがないように、TLT(Time limited trial)「お試し期間」の治療が行われています。

 

TLTとは、まずは一定期間治療を行い、①予後がさらに確実になるまで(患者が期待する結果が得られるかどうか明確になるまで)、②治療の負担や苦痛がどの程度か理解できるまで、実験的に治療をしてみるという選択です。

 

特定の治療を行い、
・患者が改善→治療を継続
・患者が悪化→治療を差し控え、緩和治療に目標を変更
・不確実な要素が残った場合→新たなTLTを相談
という流れです。

 

ICU滞在期間の短縮、家族との話し合いの増加、患者の好みや価値観についての話し合いの増加が可能となります。

 

講義を受けて、過去に担当した60代の方を思い出しました。独居でしたが、連絡が取れないと、家族が訪問し倒れているところを発見。救急搬送、治療の末、寝たきりで経管栄養となりました。その後、部屋から「自分に何かあったら、延命治療は一切希望しない」というメモが見つかりました。

 

自分が望む最期。いつか、迎える時間。

 

私も、40歳半ば。人生100年とは言いますが、家族と人生会議をしてみようと思いました。

 

今日も一日おつかれさまでした!

 

 

 

 

 

R4.5.29(日)サンパチ日報管理者K編@ヤングケアラー研修

R4.5.29(日)サンパチ日報管理者K編@ヤングケアラー研修

 

PM

青森県社会福祉士会 研修会

「ヤングケアラー支援とソーシャルワーカー」

弘前大学大学院教育学研究科 教職実践専攻

教授 吉田美穂 氏

青森県社会福祉士会 総会

帰宅

 

【今日のいいこと】

本日は、青森県社会福祉士会の研修会と総会にZoomミーティングにて参加しました。

ヤングケアラーに関する講演のあとに、スクールソーシャルワーカーのパネリストとして参加しました。

パネリストのトーク時間は10分程度でしたので、まだ活動経験の浅い私も、何とかお話することができました。

 

ヤングケアラーとの関わりについての報告に続き、今後、どのように支援していくべきかの部分が、時間超過でバタバタしてしまいましたので、その部分のみ転記したいと思います。

 

「ヤングケアラー、ダブルケアラー、ビジネスケアラー等、多くのケアラーが存在しますが、特にまだ課題解決能力が十分ではないヤングケアラーの存在への意識を強く持ち、スクールソーシャルワーカーのみならず、ケアマネジャーや成年後見活動、また、一市民としても、ヤングケアラーの存在を常に念頭におきながら活動していきたい。

スクールソーシャルワーカーとして活動させていただくようになりまだ半年程度ですが、今まであまり関わることのなかった、様々な課題を抱えた生徒が、身近な所に多く存在することに驚き、その中でも、ヤングケアラーに該当するケースも間違いなく一定数存在していることを、身を持って感じています。

今までの自分の活動領域の狭さや課題認識の不足、スクールソーシャルワーカーとして支援力向上の必要性を痛感しながらも、生徒と関わることで、学校における社会福祉士であるスクールソーシャルワーカーの必要性、価値を少しずつ見出し、一定のやりがいを感じています。

ぜひ、皆さんと共に、社会福祉士として、様々な立ち位置から、ヤングケアラー始め生徒の課題に関心を持ち、まずは目配り、見守りから、必要に応じ具体的な支援を展開していきたいと考えているので、今後とも宜しくお願いします。」

 

といったお話をさせていただきました。

 

貴重なご講演と発言の機会をいただき、スクールソーシャルワーカーとして成すべきことと責任の重さを再確認することができ、大変有意義な時間となりました。

明日からまたがんばります。

 

来週は、こちら↓に参加します。

 

ご興味のある方、ぜひ来週お会いしましょう。

https://forms.gle/uX8kbVtLPympQtCs7

 

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R4.3.20(日)サンパチ日報管理者K編@SSWrオンライン会議

R4.3.20(日)サンパチ日報管理者K編@SSWrオンライン会議

 

AM

雪かき

スマートフォン返却手続き

 

PM

青森県社会福祉士会
スクールソーシャルワーカーオンライン会議

帰宅

 

 

【今日のいいこと】

昨日は思わぬ3月の降雪により、雪かきで1日終わりました。

 

 

今年から、少し雪かきをすると腰が重くなるという、年齢的な身体の変化を強く感じております。

 

 

 

午後からは、先輩のSSWrと一緒に、青森県社会福祉士会のスクールソーシャルワーカー部会によるオンライン会議に参加しました。

 

初めての参加で、少し緊張の中、

 

「新型コロナウィルスの影響による教育現場の実情と課題について」をテーマに、県内のスクールソーシャルワーカーの方から発表がありました。

 

・児童、生徒間の交流機会の減少

・ストレスや不安の増大

・家庭の経済的な困り感の増大

・学校側のオンライン授業への対応

・新型コロナウィルスを原因として出席停止から不登校へつながるリスク

・家庭の経済的事情に関する相談をしづらい状況

 

 

私はまだ数ヶ月のSSW活動であり、特に何か意見を発するまでの経験や知見はないのですが、県内で活躍するスクールソーシャルワーカーの諸先輩方の実践状況と課題について拝聴する貴重な機会となりました。

 

自分の周りでは、生徒児童や保護者、先生から「新型コロナウィルスが原因で…」といった言葉を耳にすることはなく、その影響はさほど大きくないと考えがちでしたが、目に見えにくい部分での、ストレスや不安、経済的困窮などの影響が、不登校や家庭の課題等の根本的な要因として存在する可能性が多分にあると感じました。

 

スクールソーシャルワーカーとしても、社会福祉士としても、ケアマネジャーとしても、これだけ世界にインパクトを与えている新型コロナウィルスによるクライエントへの身体、精神、心や思考への隠れた影響がないか丁寧にアセスメントする必要があると思いました。

 

今後のスクールソーシャルワーク活動、ケアマネジメント活動に役立てていきたいと思います。

 

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから