R3.9.12(日)サンパチ日報管理者K編@ぱあとなあ名簿登録研修

R3.9.12(日)サンパチ日報管理者K編@ぱあとなあ名簿登録研修

 

AM

ランニング

ぱあとなあ名簿登録研修

 

PM

ぱあとなあ名簿登録研修

 

【今日のいいこと】

本日は、青森県社会福祉士会の権利擁護センターぱあとなあ青森の名簿登録研修を自宅からZoomオンラインで受講しました。

身寄りのない方、理解力判断力が低下した方等の財産管理や法律行為を支援するために、社会福祉士会所属として成年後見活動をするための研修です。

 

 

初のオンライン開催とのことで、主催した関係者の皆様は、準備、運営など大変ご苦労されたと思います。

 

私も、オンライン、オフラインに限らず、研修等に主催側で参画し、準備に手間取ることもあり、今回、このコロナ禍に開催いただだいたことに心から感謝しております。

 

 

現在、八戸市の市民後見人として活動していますが、受任件数がまだ少ないため、新たな気付きや学びにつながるお話を拝聴することができました。

 

講義やグループワークでは、

 

・青森県社会福祉士会三八支部は、家庭裁判所からの成年後見人等候補者推薦依頼が、他支部より少ない状況。

 

・申し立ての時点で、候補者に会員個人名の記載があった場合は、ぱあとなあでは、できる限りその会員に依頼するようにしている。

 

・登記終了までは、審判書と審判内容の確定証明書があれば、後見人等の証明ができる。

 

・緊急財産保全など、審判確定前に後見事務を依頼された場合、家庭裁判所に申し立てすることで可能となる。

 

・初回財産報告前に支払い等の手続きは行わない。

 

・必要に応じて、関係機関へ郵便物の送付先変更手続きを実施するが、転送手続きの場合は家庭裁判所への申し立てが必要となる。

 

・場合により、鍵付きの金庫なども必要となる。

 

・場合により、確定申告、税減免手続き等も必要となる。

 

・後見業務を適切かつ効率的に実施するために、ゆうちょ銀行などに口座を開設、統合して財産管理することも可能である。

 

・身体拘束など身体の強制を伴う事項の同意は、基本的に成年後見人の権限の範囲外である。

 

 

当研修の修了し、名簿に登録することで、社会福祉士会所属としての成年後見活動が可能となります。

成年後見人として財産管理と身上監護の権限は非常に大きなものがありますが、その責任も非常に重大です。

社会福祉士には、複合的な福祉的ニーズを有した方の受任依頼が多くあると思いますので、社会福祉士の倫理観をベースとして気を引き締めて活動していきたいと思います。

 

社会福祉士として、サンパチとして、今後も活動の幅を少しずつ広げていきたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

 

 

R3.8.14(土)サンパチ日報管理者K編@社会福祉士会支部会

R3.8.14(土)サンパチ日報管理者K編@社会福祉士会支部会

 

AM

ウォーキング&ランニング

日報作成

 

PM(予定)

ケアマネ更新研修課題作成

読書

 

【今日のいいこと】

終始曇り空のお盆が始まりました。

お盆に合わせるかのような、八戸地域での感染拡大を受け、親族の集まりもキャンセルとなり、また、どんよりとした天気の下、のんびりとしたお盆を過ごしています。

お盆中も、更新研修の課題に取り組まなければ、資格の更新が認められない、それがケアマネジャーです。

 

 

 

さて、この度、青森県社会福祉士会三八支部の支部長を拝命しました。

自ら熱く立候補したわけではないのですが、恐縮ながら、せっかくのご推薦をいただきましたので、その重責をしっかりと果たせるよう努力したいと考えています。

 

先日、今年度第1回目となる支部研修会を開催いたしました。

 

三八支部では初となるオンライン支部会ということで、試験的意味合いも含め、万が一の通信トラブルで講師が怒って帰ってしまわないよう、私自らが話題提供をするという形で行いました。

 

私はいくつかの職能団体や関係団体に加入しています。

青森県社会福祉士会

青森県介護支援専門員協会

八戸地域介護サービス協議会

八戸地域介護支援専門員協議会

八戸調停協会

はちのへ市民後見人連絡会

認知症の人と家族の会

もっとあった気がしますが、忘れているのがあったらすみません💦

 

巷でたまに耳にするのは、

「〇〇協会に入っても、会費分のメリットがない」

「〇〇協会は何もしてくれない」

といった声であり、事実、私もそのような思いを持つことがありました。

 

ここ数年、青森県社会福祉士会の委員会活動に関わらせていただいて感じたことは、

「会は、会員が自主的活動がしやすくなるための単なる器に過ぎない」

ということです。

 

社会福祉士会は、堅苦しいキマリごとや、変なシガラミがなく、どの団体よりも、自由で、会員主体の会だと思っていますし、そうでなければならないと考えています。

 

会という器を利用し、活用するのは会員次第であり、器が何かをしてくれるということではないということです。

皿(器)が美味しい料理を作ってくれるわけではありません。

美味しい料理を作るのは、私たち会員自身です。

 

会員の皆さんが、美味しい料理が食べれるよう、美味しい料理が作りやすい、そんな社会福祉士会三八支部を目指したいと思います(❓❓❓)

 

 

コロナ禍においては、オンライン研修がメインになると思いますが、上手に活用すれば、かなり簡単に研修会が開催でき、参加もできるというメリットがありますので、色々とチャレンジしていきたいと思います。

会員以外も参加できますので、興味ある方は、お気軽にどうぞ。

敷居は低いが、気づきや刺激の質は高い、そんな支部会を目指します。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.7.8(木)サンパチ日報管理者K編@調停委員研修

 

R3.7.8(木)サンパチ日報管理者K編@調停委員研修

 

AM

Zoom朝礼

調停委員業務

 

 

PM

デイケア利用再開連絡調整

ケアプランチェック

国保連請求

支援経過記録

帰宅

 

【今日のいいこと】

先日、家庭裁判所にて、調停委員研修会に参加してきました。

 

テーマは、ステップファミリーや親ガイダンスといった、調停における子や親子関係の理解についての内容でした。

 

 

ステップファミリーとは、「再婚や事実婚により、血縁のない親子関係や兄弟姉妹関係を含んだ家族形態。ステップは英語で「継(まま)」の意。夫婦のどちらか、または両方が、以前のパートナーとの間にもうけた子どもを連れて再婚した場合に生じる。」ものです。

 

家事調停において、子の福祉は重要な視点となっています。

 

親同士の紛争に、子が影響を受け、健やかな成長が阻害されないように、当事者となる父母双方が子の福祉のために十分留意する必要があり、その理解を深めるために、家庭裁判所調査官による親ガイダンスを受けていただくことがあります。

 

親同士の紛争とは別に、例え、離婚が成立し親権がいずれかの親に決定したとしても、父母両方が子との健全な関係を継続していくことが、子の健やかな成長のために必要であると考えられています。

もちろん、個々の事情により例外も存在します。

 

 

何らかの紛争が存在するために離婚などの調停は申し立てられますが、「子の健全な成長のため」といった点については、両者の想いが重なる部分があり、そういった視点の中で、紛争の解決、合意のためにアプローチすることも有効であることなど、勉強になりました。

 

 

このことは、日々のケアマネジメント業務や相談援助においても、一見、意見が相反する関係性の中でも、両者の想いが重なる共通点を見出し、合意できる点を模索すること、そういった視点を提示していくことも、時には有用であると感じました。

 

 

家庭裁判所内での研修という貴重な機会を、円滑な調停運営と、日々の業務や生活全般にも役立てて行きたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

→日報一覧はこちらから