R2.9.30(水)サンパチ日報管理者K編@市民後見人研修会

R2.9.30(水)サンパチ日報管理者K編@市民後見人研修会

 

AM

Zoom朝礼

自宅モニタリング

電話モニタリング

記録

 

PM

市民後見人フォローアップ研修会

新規利用相談対応

家族電話連絡

記録

帰宅

 

【今日のいいこと】

9月最終日までモニタリング訪問実施、今月も盛り沢山で、やりがいのある月でした。

 

午後からは、市民後見人フォローアップ研修会に参加してきました。

会場は、事務所斜め向かいの八戸市総合福祉会館はちふくプラザねじょう。

いつもながら、歩いて行けるので助かります。

 

今まで1人で歩いて行ってましたが、今回は2人で歩きました。

昨年度、サンパチに入社直後に養成研修を受けたケアマネSYも今年度から市民後見人の仲間入りを果たしました。

社会福祉士事務所としても、頼もしい限りです。

 

ケアマネジャーとしても、財産管理や身元引受人、キーパーソンの課題に直面することが少なくなく、成年後見制度に関する知識と経験を事務所として有していることは、ご利用者・ご家族にとっても大きなメリットになると考えています。

 

日頃、様々な関係機関、専門職とやり取りをする中で、成年後見制度に関する基本的理解はまだまだ進んでいないと感じることがあります。

 

成年後見制度は、万能ではなく、ケースバイケースで、メリット・デメリットがありますが、有用な支援ツールの一つであることには間違いありません。

 

今回は、実際に活動している市民後見人の先輩からの事例発表でした。

 

専門職後見人ではなく市民後見人として活動しているからこそ、関係機関へ密な相談、連携をしている点は大変勉強になりました。

 

専門職後見人は一定の知識を有しているため、自力で後見活動を進めていける部分も多いと思われますが、市民後見人は、専門職より福祉や医療の知識を有していない分、市民目線で関係機関へ密に相談、連携をしている傾向にあり、そのことが、被後見人への多面的視点による最適な支援につながっていると感じました。

 

受講者より、

「ケアマネジャーを変更する際のルールは存在するのか?」

「どうやってケアマネジャーを探せばいいのか?」

といった質問があり、急遽、マイクを託されました。

 

ご本人・ご家族の希望にていつでも変更でき、実際にそのようなケースも多いこと、数多くある事業所から自力で良いケアマネジャーを探すのは簡単ではないこと、市役所に行っても個別の紹介はしていないこと、(様々な要素があるので)必要な時は詳しく相談にのりますと話しました。

 

成年後見制度のみならず、ケアマネジャーについても、市民の皆さんにはまだまだ分からない点が多いということを実感し、成年後見人としても、ケアマネジャーとしても、社会福祉士としても、さらに地域での理解が進むよう、皆で努力していく必要があると思いました。

 

もう少し爪跡が残せるよう精進してまいります。

 

 

 

↓戴き物の南郷ブルーベリー大福。

予想を上回る美味しさに驚き、久しぶりにサンパチ内でヒットしました!ネーミングもおしゃれです。


(画像は八戸市公式Twitterよりお借りしました)

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R2.9.15(火)サンパチ日報管理者K編@介護支援専門員実務者研修実習1日目

R2.9.15(火)サンパチ日報管理者K編@介護支援専門員実務者研修実習1日目

 

AM

Zoom朝礼

実習受け入れ

オリエンテーション

事例情報提供

 

PM

モニタリング実習

記録実習

実習振り返り

モニタリング記録

介護認定審査会

帰宅

 

【今日のいいこと】

本日、介護支援専門員実務者研修の実習受け入れ、初の受け入れということで、少し緊張気味に1日がスタート。

 

実習生は、日頃からお世話になっている事業所の信頼できる方で、感染対策体制下でも、利用者への同行訪問など、安心して受け入れることができました。

 

オリエンテーション、事例情報提供、一連のケアマネジメント業務の復習、モニタリング実習、記録と、予定通り終えることができました。

中でも、おそらく講義では具体的には触れらないが、ケアマネジメント業務の最重要ポイントとして、八戸市居宅介護支援事業運営基準と、運営基準減算一覧表、国の軽微変更通知を資料として配布し、説明しました。

 

これらを正確に理解し、活用することこそ、利用者の自立支援に資するケアマネジメントが可能になると思います。

 

国が目指す理想的なケアマネジメント理論を講義で学ぶこととともに、それらを可能とするための実際の現場における効果的効率的かつ実践的手法を実際に体感することこそ、実習の意義であると思います。

 

他サービス以上に、法令を理解しなければ、仕事にならない、利用者に不利益を与えかねない職種、それがケアマネジャー だと思っています。

 

 

 

また、モニタリング実習の場面などにおいては、自分ではしっかり理解し実践していても、それらをロジカルに言語化できないという壁を久しぶりに感じることができました。

 

流れ作業的に業務をこなし、利用者の課題分析には取り組むが、自らの行動分析と自己覚知の不足、一つ一つの業務に対する自らの軸が定めきれていないことなど奇しくも露呈しました。

 

自分は何を最重要目的として、利用者と対峙しているのか、一言で明確に言い表せるようになるまで修行は続くのだと思います。

 

この貴重な機会に感謝しつつ、物腰柔らかく、心穏やかな実習生に今後学ぶべきことも多そうです。

 

新しい旗も仕入れたことですし、明日からまた出来ることからはじめてみます。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

R2.9.10(木)サンパチ日報社員SH編@社会福祉士国家試験受験申込み

R2.9.10(木)サンパチ日報社員SH編@社会福祉士国家試験受験申込み

AM

自宅モニタリング

小規模多機能施設へ問い合わせ

自宅モニタリング

支援経過記録

 

PM

自宅モニタリング

支援経過記録

デイサービス問合せ

支援経過記録

利用票準備

帰宅

【今日のいいこと】

本日、令和2年9月10日(木)から令和2年10月9日(金)まで(消印有効)、「第33回社会福祉士国家試験」受験申込期間が始まりました。

 

 

思い起こせば昨年の3月下旬、とんとん拍子に社会福祉士の通信教育の入学手続きと、締め切り直前にハローワークで教育訓練支給給付金の申請手続き、4月には入学許可証が届き、久しぶりの学生証が交付され、たくさんの仲間ができました。

 

試験まであと1年か~なんて思っていたら、あと5か月、時の流れの早さを感じております…

 

「40代になってから、受験勉強ができるとは、滅多に経験できないこと!」、「サンパチは一発合格!」などと、管理者Kは事ある毎に発破をかけてきます。

 

確かに、子育てが一段落し、シニア期の愛猫と静かな生活、そして孫の画像を愛でる毎日。この環境に感謝し、自身のスキルアップと、常に学ぶ姿勢を継続していきたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした!