11/19(火)サンパチ日報管理者K編@青森県版「ごちゃまぜ師」フォローアップ研修会

11/19(火)サンパチ日報管理者K編@青森県版「ごちゃまぜ師」フォローアップ研修会

AM・PM

青森県版「ごちゃまぜ師」フォローアップ研修会

 

【今日のいいこと】

本日はほぼ終日、青森県庁主催の研修会に参加しました。

県内各地の様々な属性の医療、介護、福祉関係者が集まり、学び合いました。

留守を守ってくれるスタッフに感謝しつつ、多職種連携・協働のための対話の場をつくるプログラムデザイン等の知識・技術について、演習中心に学びました。

ジグソー法やKP(紙芝居プレゼンテーション)法を使い、参加者全員で内容を要約化し、理解を深める手法を初めて体験しました。

・ロールチェンジ(役割を交代する)
主役をスィッチし固定化しない。みんなを主役に。

・忙しいから「後で聞く」に次はない。2分あれば殆どは聞ける。2分は思っている以上に長い。

「質問」とは、問う側は答えを知らないから知りたい。問われる側は答えを持っているが、それを今話したいとは限らない。

「問い」とは、問う側も問われる側も答えを知らない。お互いが、みんなで思考し、対話で深め合う入り口。

よって、「質問」ではなく「問い」を重ね、対話を活性化させる。

・ファシリテーションには、
①「場づくり」
空間と関係性のデザインを工夫し安心安全な場を整える。

②「グループサイズを使いこなす」
10人に意見を聞いても発言しにくい。まずは一人で考えをまとめたり思い出す時間を30秒~1分入れること、そして、2~3人のサイズで2~3分話すだけでも話すハードルが下がります。それを全体に共有してもらうことで考えを共有できる。

③「問いを投げかける」
ファシリテーターは「問いがいのち」
「考えてください」という指示(インストラクション)は効果的ではない。指示されて身体は動くが、思考は動き出しにくい。

話し合うテーマについて、どのような「問い」を、どういう順序で参加者に投げかけるのが良いかは、ファシリテーターの熟考のしどころである。

・否定的な点の深堀りでなく、ポジティブで楽しい問いから
「何が問題なのか?」→「どうすれば地域で一番笑顔の多い〇〇と言われるようになるだろうか?」

・共通する話題や経験で実感をもって話せるテーマの問いから
「どんな研修を受けたいのか?」→「今まで一番楽しかった研修は?」 などなど

④見える化(可視化)
ホワイトボードや紙の活用し、今話してることの共有化、内容の整理、抜け漏れチェック、最終成果物として形にする。
グルプメモリー(集団としての記憶)になる。

「オール」OARRを設定する
開始前の方向付け→ボートのオールの意
①Outcome アウトカム(ゴールや目的、求める成果)
②Agenda アジェンダ(開始・終了時間、進行の流れ)
③Role ロール(役割や心構え)
④Rule ルール(約束事)

などなど多くの学び合いができました。

これらは、職場の会議や、サービス担当者会議だけでなく、日常のさまざまな対話の場面で活用できるものであると思います。
このスキルを習得し実践することで、あらゆる対話が促進され、多職種連携、ケアマネジメントのみならず、ソーシャルワーク、事業運営、人材育成などなど、プライベート含め、さまざまな事象を円滑に進めることができる可能性を秘めていると感じました。

自分の人生におけるOARRは何か?

 

一日を通して多くの学びがあり、頭の中がごちゃまぜになっていますが、少しずつ整理しつつ、更に学びを深めていきたいと思います。

今日も一日おつかれさまでした!

11/13(水)サンパチ日報管理者K編@認知症疾患医療連携協議会

11/13(水)サンパチ日報管理者K編@認知症疾患医療連携協議会

AM

自宅モニタリング 認定調査立会い

支援経過記録

PM

ケアプラン作成

認知症疾患医療連携協議会

社会福祉士会三八支部役員会

帰宅

【今日のいいこと】

今日は、介護支援専門員協会の代表として、八戸認知症疾患センターの認知症疾患医療連携協議会に出席してきました。

センター長の深澤隆先生の挨拶に始まり、センターの現況報告、事例報告、質疑応答・意見交換といった内容でした。

八戸市認知症疾患センターも開設9年目を迎え、地域の認知症治療の中心的役割を担っていることが、様々なデータから見てとれました。

私の利用者も数人、診察を受けていますが、センターの一番の強みは、認知症の診断と診察の適正さ、信頼性に対する安心感があることだと思います。そのことが、本人、家族の精神的安定と症状の改善につながっているのだと思います。

意見交換では、深澤先生曰く、各代表者への「むちゃぶり」があり、深澤先生曰く「アドリブが得意な小泉さん」として最多の3回のもの発言の機会をいただきました。(認知症フォーラム朗読劇でのアドリブが裏目に出た格好です)

内容としては、センターの初診の待ち期間について質問し、現在、症状にもよるが、数週間から1ヶ月以内での初診となっている。事前にケアマネジャーから情報提供をしてもらい、家族から相談してもらうことがベストであるとの回答でした。

また、入院時情報連携シートの活用や、認知症ケアパスについての話題が出ました。

今年度から介護支援専門員協会八戸支部の役員を務めることとなり、初めての会の代表としての役割でしたが、こういった地域連携の会議に、ケアマネジャーの代表として出席できることは、個人的にも、貴重な経験となりました。

こういった多職種が集まる場において、ケアマネジャーの専門性を生かして、地域課題解決に向けた意義ある発言を重ねることで、個人的にも、協会としても、その活躍のステージを更に高めることができることと思います。そのためには更なる日々の精進が必要です。

今後の、認知症疾患を抱える利用者の支援に役立てていきたいと思います。

今日も一日お疲れ様でした。

11/12(火)サンパチ日報社員SH編@地域密着型通所介護事業所運営推進会議

11/12(火)サンパチ日報社員SH編@地域密着型通所介護事業所運営推進会議

AM

サービス付き高齢者向け住宅訪問
認定調査立ち合い
モニタリング(3件)

PM

支援経過記録

地域密着型通所介護事業所運営推進会議

支援経過記録

ケアプラン作成

帰宅

【今日のいいこと】
初めて地域密着型通所介護事業所運営推進会議へ「介護サービスに知見を有する方」という枠でご依頼いただき、参加させていただきました。

利用者、家族、民生委員、高齢者支援センター、介護保険課担当者と一緒に、施設の利用状況、回転率、介護保険外の事業、施設を周知してもらえるような工夫などの報告を受けて、それぞれの意見や質問などを通所スタッフが真摯に受け止めていました。

今回、参加したことで、施設で行っている事業や、介護保険施設の認識や周知度について知ることができました。

その中で、面白かったことは、「カタカナが施設名に入ってると、何をしているところだろう」という意見があるということでした。

漢字や平仮名が受け入れやすいのかと感じつつ、「介護あんしん相談室サンパチ」って、漢字も平仮名もカタカナもあるんですけど、どうなんでしょう…

今日も一日おつかれさまでした!