R2.9.24(木)サンパチ日報社員O編@社会資源

R2.9.24(木)サンパチ日報社員O編@社会資源

 

ズームミーティング

モニタリング

支援記録

 

PM

通院調整

支援記録

帰宅

 

【今日のいいこと】

『認知症でも地域の見守りで一人暮らしできる!』

今回は私の担当している利用者様のお話です。

 

Aさんは、10代で実家を出て、主に飲食店で働いて、働いて、働いて、、、。

約50年前、市内一等地に自分のお城を築きました。

 

Aさんの口癖は

「苦労してこの家を建てた、ここにいるのが今は一番幸せ!!」

訪問する度に、満面の笑みでお話してくださいます。

 

そんなAさんは、一人暮らしで一昨年あたりから

「道に迷い自宅に帰れない」

「他人の物を自宅に持ち帰る」

「銀行でお金が下せない」

等々の認知症状が現れ、高齢者支援センターで訪問、見守りが行われていました。

 

高齢者支援センターの引継ぎで、私が担当ケアマネになったのは数ヶ月前からですが、引継ぎの際に、Aさんを見守ってくださる関係機関にご挨拶に伺いました。

【駐在所】
帰宅困難時の保護、家族連絡、地域のパトロール時見かけ時の声掛け

【コンビニ】
馴染みの店員による声掛け、買い物支援

【ガス会社】
灯油配達、生活の見守り

【民生委員】
月1回程度の訪問、地域行事の参加の声掛け、生活状況の把握

【銀行】
来店時、現金引き出しの見守り、声掛け

              

介護保険以外のサービス、いわゆるインフォーマルな『地域の社会資源』に挨拶に伺ったのは初めてでした。

各機関の方々は、日頃からAさんを見守っているだけあり、いろいろ情報を提供してくださいました。

特に関係ない話ですが、私の行きつけのコンビニと同じでした、、、。

その他、新聞、牛乳販売配達所には、電話にて連絡し、緊急時にはケアマネまで連絡頂くようお願いしました。

どちらも業務内容に「高齢者の見守り」が含まれているとのことで、快諾してくださいました。

 

Aさんは「歩くことが健康法だと思っているよ」と。

少なくとも1日2回は、買い物、散歩の為に外に出られている様です。

近所のスーパーの休憩所で出会った方々とお話されることも楽しみの一つ。

 

そして、明るめの素敵な色合いのお洋服を着て、かわいらしい花柄のバックを持って外出されています。

認知症にて忘れることは多くなっていますが、おしゃれを忘れずに、人と触れ合いを求めて外出されているAさん。

交流の場を提供しているこのスーパーも重要な社会資源であると認識しました。

 

認知症人口は年々増加しています。

認知症によるトラブル、事件、事故等ニュースでも話題になっています。

介護保険制度だけでは支援しきれない部分も多くあり、社会資源と連携することで、認知症の一人暮らしであっても、住み慣れた家、場所で、その人らしい生活が送れることを、Aさんから勉強させて頂いているところです。

 

最後に今後の認知症人口の推計について厚労省の参考資料を掲載します。

なんと!2025年には約700万人5人に1人が認知症となるようです。

 

今後ますます、地域での認知症見守り体制の構築が、住み慣れた地域生活の鍵となるのではないでしょうか。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

先日、初対面の方に「花に例えるとりんどうだね」と言われました。

→日報一覧はこちらから

 

 

R2.9.20(日)サンパチ日報SY編@社会福祉士基礎研修Ⅰ

R2.9.20(日)サンパチ日報SY編@社会福祉士基礎研修Ⅰ

 

 

AM・PM:社会福祉士基礎研修Ⅰ

 

微妙な位置ですが、アスパムからこんにちは。

 

 

 

なぜこんな位置なのかというと、警備員さんにマークされているからです…

 

日曜日の早朝、両手に携帯電話を持ってうろうろしていたせいか、不審者と認定されたようです。Majiで職質される5秒前となる前に撤収しましたが、めげずにねぶたポスト撮りました。

もちろん警備員さんに見守られながら。

 

 

 

さて、なぜこんな早朝に青森市にお邪魔しているかと言いますと、すべてはこの為です。

 

 

4連休に誘われて観光に来たわけではないのです!

 

余談ですが、前日も青森市で別な研修を受けており、宿泊したので朝早くにアスパム散歩が実現できました。

 

研修の受付までに時間があり、腹が減っては集中できぬ!と言う事でコメダ珈琲さんでモーニングセット(550円)を頂いてきました。

確か八戸は今月オープンだったでしょうか?

 

パン好きにはたまらないこの厚み…コーヒーも想像していたような濃さではなく思いのほかすっきりと飲めて、幸せの極みでした。

 

 

 

さて、すっかり前置きが長くなってしまいましたが、無事に会場到着です。(駐車場を間違えたのは秘密です)

 

 

 

午前中は講義を2つ、午後からは講義を一つ行った後に5つのグループに分かれて演習です。

 

最初の講義は「社会福祉士会のあゆみ」のタイトルで、①社会福祉士会の会員となることの意義の理解、②組織形態が時代と共に変わっても理念は一貫している事、③事業の意義、④今後の方向性などについて講義が行われました。この講義を踏まえた上で、「日本社会福祉士会・青森県社会福祉士会の組織」についてWeb配信にて2つ目の講義が行われました。

レジュメに我らが管理者の名が載っていたので、何となく姿勢を正して座りなおした瞬間でした…

 

 

 

午後からは、「生涯研修制度」についての講義です。

基礎研修Ⅰ~Ⅲを終えるまで3年かかるのだなと長く感じていたのですが、全体の流れを見ていくと逆に3年が短く感じられ、何とも複雑な気持ちになりました。

いろいろと長い道のりになりそうですが、本日はそのスタートに立ったのだという実感は湧きました。

 

 

 

いよいよ本日最後となる演習の時間です。

ソーシャルディスタンスを保ちながら5つのグループに分かれ「社会福祉士の役割や業務」についてグループ内で話をまとめていく形となりました。

同じグループとなった方は弁護士、ケアマネ、障がい者施設職員、デイサービス職員と所属が様々でした。

KJ法を用いてのワークとなりましたが、色んな視点から意見が出され、大きく9つの項目としてまとめる形となりました。

私は、司法の分野に疎く福祉専門官や出所者の社会復帰支援に関しては、知識を持ち合わせていなかったのでワークを通して勉強になりました。

 

 

 

ファシリテーターを務めて下さった方々が、何と気さくに声をかけて下さり、人見知りな自分はかなり驚いたのですが、あれ?どこかでお見掛けした気が…と思い至り、昨年11月に十和田市で行われた福祉関係者の為の成年後見活用講座でお世話になったことを思い出しました。

こうして人ともつながっていくのだなぁと、しみじみ感じる基礎研修Ⅰでした。

 

次回は12月の開催となりますが、それまでに4つの事前課題をこなさなければならないので、気合を入れて取り掛かります!

 

今日も一日お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

R2.9.15(火)サンパチ日報管理者K編@介護支援専門員実務者研修実習1日目

R2.9.15(火)サンパチ日報管理者K編@介護支援専門員実務者研修実習1日目

 

AM

Zoom朝礼

実習受け入れ

オリエンテーション

事例情報提供

 

PM

モニタリング実習

記録実習

実習振り返り

モニタリング記録

介護認定審査会

帰宅

 

【今日のいいこと】

本日、介護支援専門員実務者研修の実習受け入れ、初の受け入れということで、少し緊張気味に1日がスタート。

 

実習生は、日頃からお世話になっている事業所の信頼できる方で、感染対策体制下でも、利用者への同行訪問など、安心して受け入れることができました。

 

オリエンテーション、事例情報提供、一連のケアマネジメント業務の復習、モニタリング実習、記録と、予定通り終えることができました。

中でも、おそらく講義では具体的には触れらないが、ケアマネジメント業務の最重要ポイントとして、八戸市居宅介護支援事業運営基準と、運営基準減算一覧表、国の軽微変更通知を資料として配布し、説明しました。

 

これらを正確に理解し、活用することこそ、利用者の自立支援に資するケアマネジメントが可能になると思います。

 

国が目指す理想的なケアマネジメント理論を講義で学ぶこととともに、それらを可能とするための実際の現場における効果的効率的かつ実践的手法を実際に体感することこそ、実習の意義であると思います。

 

他サービス以上に、法令を理解しなければ、仕事にならない、利用者に不利益を与えかねない職種、それがケアマネジャー だと思っています。

 

 

 

また、モニタリング実習の場面などにおいては、自分ではしっかり理解し実践していても、それらをロジカルに言語化できないという壁を久しぶりに感じることができました。

 

流れ作業的に業務をこなし、利用者の課題分析には取り組むが、自らの行動分析と自己覚知の不足、一つ一つの業務に対する自らの軸が定めきれていないことなど奇しくも露呈しました。

 

自分は何を最重要目的として、利用者と対峙しているのか、一言で明確に言い表せるようになるまで修行は続くのだと思います。

 

この貴重な機会に感謝しつつ、物腰柔らかく、心穏やかな実習生に今後学ぶべきことも多そうです。

 

新しい旗も仕入れたことですし、明日からまた出来ることからはじめてみます。

 

今日も一日おつかれさまでした。