R3.2.27(土)サンパチ日報管理者K編@成年後見人材育成研修②


R3.2.27(土)サンパチ日報管理者K編@成年後見人材育成研修②

 

AM・PM

成年後見人材育成研修2日目
(Zoomオンライン研修)

 

 

【今日のいいこと】

本日は第2日目ということで、新潟県を中心に、青森、岩手、岡山、香川、熊本、群馬、島根、広島、山口、山梨から70名弱の受講生と共に、司法書士、社会福祉士、裁判所職員からの講義を自宅寝室から聴講しました。

 

本日は、

・財産法の基礎
・財産管理のための知識
・後見実務の実際1
・家庭裁判所の実務の理解

といったテーマでした。

 

・相続放棄は、亡くなってから3ヶ月以内、通知が届いてから3ヶ月以内ではなく、事実を把握してから3ヶ月以内。

 

・後見人就任前の準備として、遺言の有無の確認も重要。遺言の内容が不明の場合は、できる限り財産を動かさない等の対応となる。

 

・後見人選任後の財産調査項目は、
①預貯金②不動産③貸借契約④自動車⑤保険関係⑥負債

 

・直近に親族が亡くなっている場合は、相続の調査も必要となる。(また、被後見人が相続人となりうる親族の確認)

 

・口座が不明な場合は、近所の金融機関等にあたりをつけて、照会を行う場合もある。

 

・不動産が不明な場合は市役所における名寄帳で非課税物件含め調査。

 

・境界が不明な場合の調査の必要性の有無も確認。

 

・賃貸物件の場合は、敷金の確認。

 

・自動車が所在不明の場合は、陸運局にて調査。放置しておくと自動車税が毎年課税されるため、一時登録抹消手続きを実施。家族が利用している場合の名義変更等。

 

・負債の調査委は、信用情報機関(CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センター)に開示請求することも可能。個人間の負債に注意。

 

・不動産が居住用不動産に該当する場合は、家庭裁判所の許可が必要。 許可を得ない処分は無効となる。アパート貸借契約解除も該当。

 

・譲渡所得の申告は要注意。被後見人は特別障害者控除の対象となる。市県民税非課税となる場合もある。

 

・扶養義務にかかる支出については、生活保護基準が目安となる。

 

・債務がある場合の消滅時効の確認、債務承認に注意。

 

・死後の埋葬、火葬等の契約の家庭裁判所への許可申立ては、事後申立てでも可。

 

・死後の「債務弁済のための本人名義の預貯金の払戻し」は、現金であれば許可申立て不要。

 

・その他、死後事務をやらざるを得ないが、その根拠は、
(委任の終了後の処分)
民法第654条
委任が終了した場合において、急迫の事情があるときは、受任者又はその相続人若しくは法定代理人は、委任者又はその相続人若しくは法定代理人が委任事務を処理することができるに至るまで、必要な処分をしなければならな い。
(事務管理)
民法第697条 義務なく他人のために事務の管理を始めた者(以下この章において「管理者」という。)は、その事務の性質に従い、最も本人の利益に適合する方 法によって、その事務の管理(以下「事務管理」という。)をしなければならな い。

2 管理者は、本人の意思を知っているとき、又はこれを推知することができると きは、その意思に従って事務管理をしなければならない。

 

・被後見人が経営者であった場合、法人財産や株の確認も必要。必要に応じ、休眠会社届け出を行うもこともある。

 

・「本人にとって最善の方法」と「後見人として最善の支援」は必ずしも同一ではない。

 

・家屋を処分する場合は、解体費用がかかることから、隣地などに購入を打診する方法もある。

 

・土地売却の際は、不動産業者に適切な仲介、契約を依頼すると、後々のトラブルを回避でき、確実。

 

・車の売却は家庭裁判所の許可は不要。

 

 

特に実際に活動している、司法書士、社会福祉士の、実践に即した報告、説明には、新たに得る知識多くありました。

 

社会福祉士は法律の専門家ではありませんが、最低限度の法律知識を身に付けておくことで「今、直面している課題は法律問題であり、法律専門家に相談する等の必要がある」または、「家庭裁判所の指示や許可を仰ぐべきものだ」ということに気付く能力を身につけておくことが非常に重要であると感じました。

 

そして、これは、利用者の生活全般に関わるケアマネジャーも同様です。

 

今後の成年後見活動とケアマネジメントに大いに役立てていきたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.2.19(金)サンパチ日報管理者K編@介護事業者支援

R3.2.19(金)サンパチ日報管理者K編@介護事業者支援

 

AM

Zoom朝礼

他法人会議出席

サービス付き高齢者向け住宅モニタリング

利用者電話連絡

 

PM

事業所契約立ち会い

有料老人ホームモニタリング(電話)

モニタリングシート記録

支援経過記録

医療機関連絡調整

家族連絡調整

帰宅

 

【今日のいいこと】

本日は、午前は、月1回の他法人の会議の日で、今風に言うと、サスティナブルな事業運営が可能となるよう意見交換をさせていただきました。

 

顧客の満足度を上げながら、生産性向上、業務効率化をはかり、持続的に、顧客、組織、従業員の利益を最大化していくこと。

 

当事業所を含め、すべての事業所の普遍的テーマであり、微力ながらそのお手伝いをしています。

 

 

午後からは、ケアマネジャーとして出勤し、お付き合いのあるサービス事業所が今年度で閉業することとなり、事業所変更による本人・家族との契約の立ち会いをしてきました。

 

同法人の複数事業所の閉業ということでしたが、長年、地域の介護支援を担ってきた事業所がなくなることは地域にとって損失であり、事業所を利用者に提案するケアマネジャーとしても、大きなインパクトがあります。

 

地域住民のQOLを持続的に維持するためには、良質な介護事業所、介護施設が地域に充足していることが、それが全てではありませんが、間違いなく重要なファクターとなります。

 

ケアマネジャーとして、社会福祉士として、利用者支援のみならず、介護事業者の支援をしていくこと、介護事業者が良質で生産性の高い事業運営ができるよう、様々な形で支援することが、今後、益々重要となり、コンプライアンスを保った上で、お互いに良好なシナジーを築いていいきたいと思います。

 

たまに、ケアマネジャーと介護事業者にコンフリクトが生じてしまっている話を耳にすることがありますが、しつこいようですが、コンプライアンスを保った上で、ケアマネジャーは介護事業所の応援者、支援者でもあるべきです。

 

利用者のみならず、介護事業者にも、地球にも優しいサンパチを目指したいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

↓たまの市役所の楽しみ

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.2.13(土)サンパチ日報管理者K編@独立型社会福祉士全国実践研究集会

R3.2.13(土)サンパチ日報管理者K編@独立型社会福祉士全国実践研究集会

 

AM

自宅モニタリング

記録

 

PM

第17回独立型社会福祉士全国実践研究集会
(Zoomウェビナー)

 

 

【今日のいいこと】

今日は土曜日でしたが、家族の仕事と利用者のショートステイの都合により、自宅訪問しモニタリングしてきました。

自宅直行直帰で、自宅にて記録しました。

 

午後からは、第17回独立型社会福祉士全国実践研究集会にオンラインZoomウェビナーにて参加しました。

数年前は、はるばる東京へ1人で参加したものです。

コロナ禍となり、自宅にいながら東京の集会に参加できるようになり、便利な時代となりました。

 

テーマは「コロナ禍におけるソーシャルワーク-社会変動をどのように捉え、対応するのか-」。

第1部基調講演の講師は、認定NPO法人 Homedoor(homedoor.org)の笠井亜美氏でした。

活動内容は、上記ホームページの通りで詳細は省きますが、子供の頃から身近だったホームレスに目を向け、社会課題解決のための意義ある実践をされています。

 

第2部は、お二人の独立型社会福祉士からの実践報告がありました。

 

「事業展開のベースは地域ニーズの把握から」

「地域課題を解決するためには、行政や福祉関係者のみならず一般企業との連携が重要」

「行政がすぐに取り組むことが難しい部分を事業化」

「SDGs(持続可能な開発目標)の視点」

「無いものは創る」

「子どもの自己選択・自己決定権を尊重するための不登校」

「息抜きができる居心地がいいサード・プレイス」

「共生を強制しない」

「衣・食・住から、居・職・充(居場所・職業・充実)へ」

 

 

今後の社会福祉士としての活動において、参考となるお話を聞けました。

 

独立開業5年目、安定した立場で足踏みせずに、そろそろ社会福祉士として次のステージへ進みたいと強く感じました。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから