R3.10.7(木)サンパチ日報管理者K編@相談支援従事者初任者研修

R3.10.7(木)サンパチ日報管理者K編@相談支援従事者初任者研修

 

Zoom朝礼

相談支援従事者初任者研修2日目

帰宅

 

【今日のいいこと】

昨日から、相談支援従事者初任者研修を受講しています。

 

 

社会福祉士として、高齢分野のみならず、障害分野の相談支援にも対応し、障害福祉サービスの計画作成をしていくための勉強をしています。

 

20代、30代という自分より若い方々とのグループワークの連続で、障害分野で働く20代の受講生から、色々と教えてもらいながら、とても新鮮で、有意義な時間を過ごさせていただいています。

 

ケアマネジメントの一連の業務は介護保険と共通部分も多いですが、介護保険と比較し、より、利用者主体、自己決定を尊重する高い意識が求められると感じました。

 

これは、利用者が20代や30代、場合によっては未成年である場合もあり、障害の種類によっては、意思決定能力が残存している場合も多く、これから社会に出て自立していく過程において、より本人による意思決定を尊重することが重要となっていくものと思われます。

 

サービス担当者会議のシュミレーションでは、会議冒頭にまず、利用者と家族から今の想い、気持ちを話してもらうことから始まりました。

 

利用者の意向、意思決定を尊重するという姿勢を感じとることができ、日頃、自らが主催する会議について振り返る良い機会となりました。

 

また、常に支援の終結をイメージしながら相談支援を展開していくこと、最終的には相談支援員が関わらなくとも・障害福祉サービスを利用しなくとも、自立できることをイメージして支援することなど、介護保険との差異を感じました。

 

 

もちろん、対象者の状態像は違いますが、障害分野の相談支援従事者の基盤となる理念や考え方を、介護保険におけるケアマネジメントに生かすことで、さらにケアマネジャー業務を高めることができると確信しました。

 

 

無事に課題をクリアし、受講終了した際には、特定相談支援事業所サンパチとして、より幅広い相談支援を実施していきたいと思います。

 

「すみません、障害分野は専門じゃないので詳しくてなくて・・・」

 

「うちでは、障害福祉サービスの計画は作れないんです・・・」

 

といったことのないよう、幅広い相談窓口を目指していきたいと思います。

 

長い講習の合間の癒やしは、アスパムと遠足する園児たちでした。

 

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

 

 

R3.7.21(水)サンパチ日報社員SH編@ファミリーサポート講習会②

 

R3.7.21(水)サンパチ日報社員SH編@ファミリーサポート講習会②

 

AM

Zoom朝礼

事業所、家族への連絡

ファミリーサポート講習会
「子どもの遊び」
「保育の心」

PM

ファミリーサポート講習会
「身体の発達と病気・小児看護の基礎知識」

自宅モニタリング

事業所、家族への連絡

退勤

 

 

【今日のいいこと】

 

ファミリーサポート講習会2日目に参加しました。

 

「子どもの遊び」では、遊びを通して、心と身体のバランスを育て、運動機能・知的能力・情緒・社会性の発達が育まれていくこと、地域のいろいろな人との交流を持つことも、社会性の幅が広がっていくことを学びました。

 

子育てから八戸地域を元気にする「パパママふぁいと八戸」のサイトから、子育て情報、子育てサービスなどを手軽に閲覧できることも教えて頂きました。

 

 

 

 

「身体の発達と病気・小児看護の基礎知識」は、発育と発達、救急受診の目安を学びました。

 

「保育の心」では、育児サポート活動に取り組むに当たっての『聴く構え』の内容が、現在の仕事にも通ずることでした。

 

① 「ながら」で聞かない

② 必ず手をとめて聞く

③ 適度に頷いたり相槌を入れながら聞く

④ 相手の言葉を丁寧に繰り返す

⑤ 相手が黙っても焦らずに待つ

⑥ 無理にアドバイスをしようとしない。

 

「丁寧に話を聴き、信頼関係を築くことが必要」

 

ケアマネジャーにとっても、一番大切なことだと感じました。

 

 

今日も一日おつかれさまでした!

R3.7.16(金)サンパチ日報管理者K編@第三者委員

R3.7.16(金)サンパチ日報管理者K編@第三者委員

 

AM

Zoom朝礼

書類整備

第三者委員会

 

PM

合同事例検討会準備

利用者後見人連絡調整

サービス事業所連絡調整

主治医変更手続き

帰宅

 

【今日のいいこと】

今日は、今年度から委嘱を受けた社会福祉法人の第三者委員として、第1回の委員会に出席してきました。

 

 

初めての出席で若干緊張しましたが、私は社会福祉士として、他にケアマネジャー事業所の代表の方、地域の町内会長の方も出席されていました。

 

 

法人側としては、理事長、特養施設長、デイサービス・ショートステイ・小規模多機能事業所2ヶ所・居宅介護支援事業所の各管理者が出席していました。

 

 

第三者委員の役割は、法人より苦情内容の聴取、利用者からの苦情の直接受付、苦情申出人や法人への助言、双方の話し合いの立ち会い等になります。

 

 

今回は、法人より、苦情受付の報告がありましたが、一般的に、苦情なのか?要望なのか?の明確なボーダーラインは存在せず、中には、どちらにでも分類できるケースもあります。

 

 

大切なのは、
「これは、苦情ではなく、単なる要望であり、利用者・家族もそこまで怒ってないから、特にそこまで改善に取り組む必要はない」

といった、都合の良い解釈をしないことだと思います。

 

 

「苦情」という響きは、ネガティブなイメージが強いために、十分意識しておかなければ、事業所に起こりうるワナのひとつです。

 

 

苦情や要望は、顧客からの強いニーズの裏返しであり、強い顧客ニーズは、事業運営上、大きなビジネスチャンスにつながる可能性もあります。

 

 

第三者委員として、地域の社会福祉法人の質の向上に関わることは、社会福祉士として地域の貴重な社会資源をエンパワメントしていくことにつながりますので、微力ながら、その職責を果たしていくと共に、自事業所の運営にも生かしていきたいと思います。

 

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

→日報一覧はこちらから