R3.10.20(水)サンパチ日報O編@八戸地域介護サービス協議会研修会

R3.10.20(水)サンパチ日報O編@八戸地域介護サービス協議会研修会

 

ズームミーティング

モニタリグ

記録

 

モニタリング

連絡調整

 

 

 

10月も中旬となりました。

急に寒くなりヒートテック、セーターと衣替えをしました。🎃

 

 

本日は、10月8日に行われた八戸地域介護サービス協議会の支援センター部会研修会に参加した感激をお伝えしようと思います。

 

リモートでの参加でしたが、殆どの参加事業所は高齢者支援センターであり、その時点で緊張感Maxでした。

 

特に経験年数の少ない私にとっては、貴重な時間となりました。

 

「高齢者の家族への支援」

講師よる事例提供(5分)→グループワーク(1時間)→発表(15分) 

 

このようなスケジュールで進んでいきました。

 

事例を読み込む時間は私には短時間に思えましたが、高齢者支援センターの方々は精神障害のある家族、認知症があると思われる高齢者へ対しての支援が複数提案されており「支援センターさすがだわあ」と感激しかありませんでした。

 

発表タイムは、講師から指名された方が発表する形式でした。

 

「具体的な家財の処分費用は?」

「いつ、誰が、どのように支援するんですか?」

「どんなサービスを組む?」

 

との講師の質問に支援センターの方々は答えていました。

 

実際に話したことも、会った事のない事例の親子に対し支援が次々に提案され、数々のやりがいケースに対応してきた主任ケアマネだからこその見通しだと感激いたしました!!

 

ケアマネ業務に携わってく一員として、とても良い刺激となった研修でした。

 

 

 

お家時間が増えたことで、人生初のあっぷるパイを作ってみました。

 

 

大変、美味しく頂きました!!

 

お疲れさまでした。

 

       
          

R3.10.18(月)サンパチ日報主任SH編@秋

R3.10.18(月)サンパチ日報主任SH編@秋

 

AM

Zoomミーティング

自宅モニタリング

家屋調査

支援経過記録

 

PM

アセスメント作成

自宅モニタリング

支援経過記録、ケアプラン作成

勤務終了

 

 

【今日のいいこと】

担当しているご利用者様の自宅を訪問した際、「デイサービスの文化祭に向けて、久しぶりにまた作ってみようと思うの」と、きれいな箱を見せてくれました。

 

 

市内を運転していると、林檎や柿や栗の木を眺めては秋を感じながら、「文化祭」もまた、秋を感じさせてくれます。

 

 

八戸市美術館も11月3日にリニューアルオープン。「芸術の秋」に触れたいと思いながら、21時には布団に入る私は「睡眠の秋」。

 

 

でも、今年は「勉強の秋」にしたいと思います。

 

 

今日も一日おつかれさまでした!

 

 

孫も、落ち葉ブローチをつけて秋を楽しんでいるようです。

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

 

 

 

R3.9.29(水)サンパチ日報社員SY編@社会福祉士基礎研修Ⅱ

R3.9.29(水)サンパチ日報社員SY編@社会福祉士基礎研修Ⅱ

 

 

AM

Zoom朝礼

連絡調整

記録

サービス調整

 

PM

電話モニタリング

担当者会議日程調整

記録

新規ケースへの対応

 

 

 

 

皆様こんにちは。

 

朝晩、だいぶ冷え込むようになってまいりました。

 

寒がりにとっては、布団から出ること自体が辛すぎる季節です。

 

いつの日か布団(こたつでも可)から出ることなく、仕事ができるシステムが確立されればいいのにと今年も明々後日の方向に思考を飛ばしております。

 

 

 

 

さて、19日(日)に6回目となる、社会福祉士基礎研修Ⅱを受講しました。

 

来年の2月までで全11回の開催となりますので、ちょうど折り返し地点といったところです。

 

 

今回は、人材育成系科目と言う事で、スーパービジョンに関する講義とモデルセッション、演習としてスーパーバイジー体験を行いました。

 

 

スーパービジョンとは、対人援助職が指導者から教育を受ける過程の事を指します。今回は、社会福祉士会が行うスーパービジョンと言う事で「より良いソーシャルワーカーを育成する」ことを目的としている事、またその中身について学びました。

 

 

スーパービジョンだけで捉えるなら、私たちも日頃の業務で活用している事が多いと思います。

 

例えば、新人が入社した際は先輩が新人について教育や指導を行うでしょうし、勤めていれば担当のお客様の事で悩みが生じますから、職場内の経験者へ相談し助言や指導を得る事があると思います。

 

 

どうでしょう、皆様の職場内でも結構スーパービジョンを求めたり求められたりしている事が多いのではないでしょうか?

 

 

研修では、社会福祉士会が行うスーパービジョンと言う事で、3つの機能に重点を置いて専門職としての育成を目指していますという講義がありました。

 

テキストそのまま抜粋となりますが、ちょっとお付き合いください。

 

 

〇支持的機能

事例を通して気付きをうながし、スーパーバイジー(指導や助言を必要とする人)が主体的な課題意識に基づいて問題解決改善に取り組むよう進めるもの。

 

〇教育的機能

知識や技術を教える事。また、スーパーバイジーが考えていたことの間違い等、明らかに指導が必要、もしくは説明し理解を正すもの。

 

〇管理的機能

組織メンバーとの協働や職場組織のルール・特性等を理解しながら、適切に役割遂行を行う事が出来るようにするもの。

 

 

となっています。

 

指導や助言を受けるという受け身ではなく、自分が抱える問題を解決していくために、スーパービジョンを活用していく事となります。

 

私は知らなかったのでびっくりしたのですが、社会福祉士協会を通してこのスーパービジョンを受ける際には、契約を交わした上で、スーパーバイザーとして名簿登録されている中から、担当者をコーディネートしてくれるという流れになっています。

 

 

 

職場内でのスーパービジョンでは、同じ空間で同じ職種として仕事をしている事から、言外の雰囲気は伝わりやすいと思います。

 

ただ、この社会福祉士会によるスーパービジョンは、職種も違えばそもそも初対面となりますので、自分の所属や業務についてまず言語化できなければなりません。

 

何に悩んでいるのか、何を考えているのかも正しく伝えていく言語力が求められます。

 

自己チェックシートなどいろんなツールも活用していきますので、険しい山となるでしょうが自己分析や振り返りがしっかりと行われますので、スーパービジョンを終えた時には一皮むけた新しい自分が見えてきそうです。

 

 

どれくらいの人が、社会福祉士協会のスーパービジョンを受けられているのかは不明ですが、福祉の世界に身を置く以上は、受けて損と言う事はまずないだろうなと言う事を強く感じました。

 

 

 

 

いつの日か、自信を持って一皮むけたと感じられる自分に会ってみたいものです。

 

 

本日も一日お疲れ様でした。

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから