R4.1.22(土)サンパチ日報管理者K編@カレーの日

R4.1.22(土)サンパチ日報管理者K編@カレーの日

 

AM

相談対応

 

PM

公募審査資料読み込み

帰宅

 

 

【今日のいいこと】

 

本日は、土曜日で居宅介護支援事業所は休業日ではありますが、社会福祉士事務所としての相談対応のため、出社しました。

 

午前は、身元引受、身元保証関連の来所相談がありました。

 

その後は、八戸市地域密着型サービスの公募審査資料の読み込みを行いました。

 

 

 

そして、今日の昼食は、「まちの茶屋 しゃべるばあ~」からテイクアウトしたカレーライスでした。

 

通勤途中にあるこのお店で、時々、朝カレーを楽しんでおります。

まちの茶屋 しゃべるばあ~
https://twitter.com/machiba_yawata

 

お惣菜屋からオードブル、焼き芋から焼きそばパンまで、なんでもあります。

メニューになくても、大概のものはリクエストできるようです。

 

うん十年ぶりに、地元へUターンし、開業された、とてもパワフルなオーナーさんです。

 

このコロナ禍において、地域住民が、食を通じて集える場所は貴重であり、地域のつながりを再構築できる、地元に馴染んだ本物の「集いの場」「コミュニティ・カフェ」になりうると勝手に注目しております。

 

行政や福祉専門職たちが創る集いの場は、不定期で、ボランティアで収益性、自立性に欠け、持続性を担保するのが難しく、様々な困難があります。

 

ということで、勝手に応援しております。

 

日替わりの朝カレー、本日も美味しゅうございました。
ちなみに夕食の分も購入しました。

 

皆さんも、どうぞ、お気軽にお越しください。(まるで店側の言いよう)

 


(公式Twitterから画像お借りしました)

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R4.1.7(金)サンパチ日報社員SY編@食パン戦国時代

R4.1.7(金)サンパチ日報社員SY編@食パン戦国時代

 

AM

Zoom朝礼

訪問

記録

 

PM

モニタリング

連絡調整

記録

 

皆様こんにちは。2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて、新春初日報は食パン情報をお届けしたいと思います。

 

何を隠そうというか何も隠しはしていないのですが、パンが大好きすぎて小麦とイースト菌を密かに崇め奉るほどパン好きです。

 

市内もいつの頃からか、パン屋さんが充実してきましたよね。

 

いろいろ食べ歩きをしているのですが、今回は恐らく、市内では一番新しくオープンしたと思わる『純生食パン工房 HARE/PAN(晴れ時々パン)』にスポットを当てさせていただきます。

 

 

レジのお姉さんに写真撮影と記事掲載の許可を快くいただきましたので(本当にありがとうございます!)、パンの魅力をお伝えしていこうと思います。

 

場所は、八戸市立市民病院の目の前にありますので、とってもわかりやすいです。

 

 

 

現在はまだ、オープンして間も無いということで食パンのみの販売ですが、2月頃を目処にラスクとジャムの販売が開始になるそうで、楽しみすぎます。

 

 

食パンは、甘味がとっても強くそのまま食べれるレベルです。

 

ふかふかで柔らかいので、老若男女どの世代でも美味しくいただけます。

 

おやつ感覚で行けてしまいますので、本当に食べ過ぎに注意してください。

気がついたら半斤いなくなっていますので…

 

 

 

ちょっと細かい話かもしれませんが、こちらの食パン、卵不使用ですので卵苦手という方も安心して食べれるかとおもいます。

 

ただ、蜂蜜を含んでいますので1歳未満のお子様にはご注意ください。

 

 

 

今、こちらの食パンにハマってしまい多分5〜6個は購入しています。(笑)

パン好きな方はもちろん、たまにしかパン食べないという方も、興味がありましたら是非ご自身の舌で、食感と甘みを味わってみてください。

個人的にはそのまま食べるのが好きなので、まだ試してはいませんが、フレンチトーストやハニートーストは間違いなく相性抜群です。

 

 

 

皆様のおすすめパン屋さんなどありましたら、是非是非教えてください!

 

美味しい物を食べてしっかり休んで、元気に過ごしましょう。

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

 

*おまけ:パンの宝石箱やぁ~(*^O^*)

 

 

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R3.11.26(金)サンパチ日報社員SY編@猫紀行

R3.11.26(金)サンパチ日報社員SY編@猫紀行

 

AM

Zoom朝礼

モニタリング

 

PM

提供票送信

モニタリング

サービス調整

記録

 

 

 

皆様こんにちは。

今回は珍しく(?)研修ではない内容の記事をお届けしたいと思います。

 

 

11月某日、三戸大神宮へ行ってまいりました。

   

 

実は、ずっと行きたいと思っていた場所でしてようやく訪ねることができました。

 

何で知ったかはもう忘れてしまいましたが、猫の巫女さんがいる上、御朱印もネコ!という猫一色な神社、行かないわけには行きません。

 

境内に着くと、お一人参拝者の方がおられましたが「密」の心配は無いなと思っていたところ…

 


タッ

 

 


タッタッタッ

 

 

流石は猫に縁のある神社です。まさかまさかのお猫様御自ら出迎えてくださいました。(感涙)

 

数多くの参拝客をこうして出迎えてくれたのでしょう。

 

人見知りなどという概念はなく、まさかのゼロ距離。

 

熱烈歓迎に、ピントを合わせる隙もなく荒ぶっております。

 

 

 

お猫様を愛でていると、ゆったりと神主様が登場。

 

こちらの神主様もかなり気さくなお方でして、初対面とは思えない親密さで接してくださいました。

 

実は、こちらの神社は境内にステンドグラスが施されていて、こちらをゆっくりと拝見させていただけることとなりました。

 

神社にステンドグラスなんて、今まで聞いたことがなかったのですがこれがまた、違和感なくしっくりとくるものなんだなぁと思いました。撮影と記事にする許可をいただいたので、堂々と写真を載せたいと思います。

 

 

灯籠の方は、夜に来て見てみると本当に綺麗だと思います。

 

明るい時間でしたが、途中から光が灯りましたので、わざわざ点けてくださったんだろうなと思っています。

 

神主様曰く、ステンドグラスにはまった!ということで、新しくどこかに取り入れたいと展望を熱く語られていました。

 

 

最後にこの神社の巫女さんたちを紹介して終わりにしたいと思います。

まずはキャサリン

 

 

 

次いで、みこにゃん

 

 

もはや言葉はいらないと思います。(めごい)

 

無言で激写している自分は、間違いなく不審者でしたが写真に収めることができて満足でした。

 

皆様も、是非機会がありましたらキャサリンとみこにゃん、名前は聞きそびれてしまいましたが神社の猫さんに会いに行ってみてください。熱烈歓迎を受ける事、間違いなしです!

 

では、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

本日も、お疲れ様でした。

 

(おまけの御朱印)