R3.7.26(月)サンパチ日報社員T編@在宅勤務

R3.7.26(月)サンパチ日報社員T編@在宅勤務

 

AM

Zoom朝礼

サービス担当者会議2件

会議録作成

 

PM

ケアプラン作成

連絡調整

記録作成

勤務終了

 

 

オリンピックが開幕した連休明けの月曜日、サンパチに入社して初めての在宅勤務をすることになりました。

 

慣れない在宅での業務にソワソワしながら、訪問や連絡調整、記録の作成等、月末の忙しさを感じつつ黙々と取り組んでいます。

 

 

 

連日、テレビでは試合中継やメダル獲得の速報も入り、オリンピックで賑わっています。

 

夜も何気なくテレビをつけると試合中継しているので無意識のうちに観入ってしまいます。

 

中でも柔道の阿部兄弟や卓球の新種目、混合ダブルス、ソフトボールには熱が入り、メダル獲得の瞬間は歓喜しました。

 

 

コロナ禍での開催には賛否両論ありますが、出場選手たちのプレーには胸を打たれます。

 

先日、訪問した利用者様のお宅でもオリンピックを楽しんで観ていたようで、「私も体を動かして、しゃきしゃき動けるように頑張らないと。」と話されていました。

 

私も選手たちの一生懸命な姿を見ると元気をもらえます。

 

 

卓球やバトミントンなど観る分には楽しめるのですが、やるとなると中々体がついていかないので、まずは筋トレから始めて私自身も利用者様にならって筋力づくりに取り組もうと思います!

 

お菓子の誘惑に負けないよう在宅勤務に励み、来年の健康診断のため、将来に向けた介護予防のため、頑張ります。

 

 

今日も1日お疲れさまでした。

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R2.11.7(土)サンパチ日報管理者K編@リーダーシップ

R2.11.7(土)サンパチ日報管理者K編@リーダーシップ

 

AM

オンラインセミナー(Zoom)

 

 

PM

給与計算

帰宅

 

【今日のいいこと】

今日は、事業所は公休でしたが、かっこうの森主催のオンラインセミナーリーダーシップとはなにか ~ただひとり立ち向かう君へ 講師 酒井 穣 氏」へ参加しました。

 

 

 

 

好奇心のかたまり、と思われる酒井さんのストーリーに冒頭から引き込まれ、生物学と科学的な視座から、他に聞いたことのない酒井さん独自のリーダーシップ論が展開されました。

 

…………………………………………

同化と異化

凄いとどうでもいいが行ったり来たり、ノリつつシラケる

悩むことが知性

簡単に白黒をつけない=悩むこと

ニュートラル = 悩むことからの逃避

何かに深くノルために発信 →自己顕示欲(賞賛への欲求)
※SNS いいね!

賞賛欲求があるから社会の倫理ができている。
褒められたいから〇〇する。

 

[考察]

割りと早い段階から、Facebook等のSNSを利用し、当初はよく投稿をしていましたが、途中から、自ら、

「なんだ、ただの自慢じゃないか」

「ただの自己満足の世界で、他の人が見ても面白くもなんともないじゃないか」

「いいね!の数を増やしたいだけじゃないか」

と思うようになり、個人的投稿はほぼしなくなりましたが、あれが、自己顕示欲からくる賞賛欲求であり、それが原動力となって、確かに、発信を前提として、色々な場に出向いたり、調べたりしていたなあと思い出しました。

 

今はこの日報がメインにはなっていますが、4年目を迎え、書き続ける目的と意欲が若干低下気味ではありましたが、自らの好奇心を刺激し、外の世界に関心を向け、無知に気づき、知識を深めていくサイクルを絶やさないためにも発信し続けようと思うことができました。

自分のために発信し続けようと思います。

 

 

…………………………………………

山を動かすのは、善意ではなくブルドーザー。

群れのルールと逆がリーダーシップ 人と同じことをしない。

世界を変えるためには、群れ全体に進むべき方向を示す必要はない。

自分として進むべき方向を決め、そこに向かって、自分が歩むこと。

群れから外れると目立つ、そして、選ばれる。
→群れから離れればいい ※差別化

 

 

リーダーシップ → 自己組織化 (Wikipedia:物質や個体が、系全体を俯瞰する能力を持たないのに関わらず、個々の自律的な振る舞いの結果として、秩序を持つ大きな構造を作り出す現象のことである。 自発的秩序形成とも言う)

自己組織化に抗い、悲惨な未来予想(少子高齢化、etc…)をくつがえす。

→自分探しはほどほどに、社会への関心を鍛える。

 

[まとめ]

・様々な物事にノルために発信。

・現実に動くブルドーザーになる。

・悲惨に向かう自己組織化に抗う。

 

 

[質問]

異端児が異端児のまま終わらないためには、孤独に慣れること。

 

リモートワーク下でのリーダーシップの注意点は?
→社員の体調に気を使う、健康、心理状態を気にかける 相手の人間性に配慮する。Zoomミーティングだけだと心ら離れていく、Zoomで恋愛できない、たまには会う、お互いのことを気遣うことが大切。

 

[考察]

介護保険法という枠に浸かり、人と違うことがなかなかできない自分。
そして、自分が進むべき道すら、決めきれていない現状。
リーダーシップを語る段階にもまだない。

 

元来、様々な物事にノルのは割と得意だったが、”何にでも顔を出すが何一つ究めていない中途半端”という自問自答があったが、あながち悪くないのかも、そこから引っかかってくる仲間や資源がある、と思い直すことができました。

 

自立したブルドーザーになるために、まずは、動かすべく山を探す必要がある。

 

悲惨な未来予想を感じつつあるが、日々の目の前の仕事にのみ目を向け、未来に目を背け、それらをくつがえすという課題意識が全くない、よって、社会課題への活動、ソーシャルワークにつながらないことが奇しくも判明した気がします。

 

社会の未来予想というマクロの視点で、目の前の仕事を捉える訓練が必要なようだと気づきましたので、精進します。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

11/19(火)サンパチ日報管理者K編@青森県版「ごちゃまぜ師」フォローアップ研修会

11/19(火)サンパチ日報管理者K編@青森県版「ごちゃまぜ師」フォローアップ研修会

AM・PM

青森県版「ごちゃまぜ師」フォローアップ研修会

 

【今日のいいこと】

本日はほぼ終日、青森県庁主催の研修会に参加しました。

県内各地の様々な属性の医療、介護、福祉関係者が集まり、学び合いました。

留守を守ってくれるスタッフに感謝しつつ、多職種連携・協働のための対話の場をつくるプログラムデザイン等の知識・技術について、演習中心に学びました。

ジグソー法やKP(紙芝居プレゼンテーション)法を使い、参加者全員で内容を要約化し、理解を深める手法を初めて体験しました。

・ロールチェンジ(役割を交代する)
主役をスィッチし固定化しない。みんなを主役に。

・忙しいから「後で聞く」に次はない。2分あれば殆どは聞ける。2分は思っている以上に長い。

「質問」とは、問う側は答えを知らないから知りたい。問われる側は答えを持っているが、それを今話したいとは限らない。

「問い」とは、問う側も問われる側も答えを知らない。お互いが、みんなで思考し、対話で深め合う入り口。

よって、「質問」ではなく「問い」を重ね、対話を活性化させる。

・ファシリテーションには、
①「場づくり」
空間と関係性のデザインを工夫し安心安全な場を整える。

②「グループサイズを使いこなす」
10人に意見を聞いても発言しにくい。まずは一人で考えをまとめたり思い出す時間を30秒~1分入れること、そして、2~3人のサイズで2~3分話すだけでも話すハードルが下がります。それを全体に共有してもらうことで考えを共有できる。

③「問いを投げかける」
ファシリテーターは「問いがいのち」
「考えてください」という指示(インストラクション)は効果的ではない。指示されて身体は動くが、思考は動き出しにくい。

話し合うテーマについて、どのような「問い」を、どういう順序で参加者に投げかけるのが良いかは、ファシリテーターの熟考のしどころである。

・否定的な点の深堀りでなく、ポジティブで楽しい問いから
「何が問題なのか?」→「どうすれば地域で一番笑顔の多い〇〇と言われるようになるだろうか?」

・共通する話題や経験で実感をもって話せるテーマの問いから
「どんな研修を受けたいのか?」→「今まで一番楽しかった研修は?」 などなど

④見える化(可視化)
ホワイトボードや紙の活用し、今話してることの共有化、内容の整理、抜け漏れチェック、最終成果物として形にする。
グルプメモリー(集団としての記憶)になる。

「オール」OARRを設定する
開始前の方向付け→ボートのオールの意
①Outcome アウトカム(ゴールや目的、求める成果)
②Agenda アジェンダ(開始・終了時間、進行の流れ)
③Role ロール(役割や心構え)
④Rule ルール(約束事)

などなど多くの学び合いができました。

これらは、職場の会議や、サービス担当者会議だけでなく、日常のさまざまな対話の場面で活用できるものであると思います。
このスキルを習得し実践することで、あらゆる対話が促進され、多職種連携、ケアマネジメントのみならず、ソーシャルワーク、事業運営、人材育成などなど、プライベート含め、さまざまな事象を円滑に進めることができる可能性を秘めていると感じました。

自分の人生におけるOARRは何か?

 

一日を通して多くの学びがあり、頭の中がごちゃまぜになっていますが、少しずつ整理しつつ、更に学びを深めていきたいと思います。

今日も一日おつかれさまでした!