R5.3.16(木)サンパチ日報主任S編@青森県社会福祉士会上十三支部研修会

R5.3.16(木)サンパチ日報主任S編@青森県社会福祉士会上十三支部研修会

AM

Zoomミーティング

アセスメント作成

市役所介護保険課訪問

 

PM

自宅モニタリング

支援経過記録作成

内部研修打ち合わせ

退勤

研修会参加(自宅)

 

【今日のいいこと】

自宅にて、青森県社会福祉士会 上十三支部の研修会(Zoom)に参加しました。

 

 

 

発表の藤田氏より、「被災地支援から社会福祉士として見えた視点」

として、東日本大震災や豪雨災害地区での災害ボランティア体験を通して、災害から学んだこと、何を感じたのかという、貴重なお話を聞くことができました。

 

人々の「生」を支援=社会福祉士の仕事
と提示し、

「地域での生活」

「様々な課題」

①耳を傾ける(傾聴)
②精神的に支える
③適切な福祉サービス→社会資源の利用

 

人々の地域での暮らしを、社会生活を、支えること、見失いかけた人々備関わりを続けること、社会的存在としあり続けるための支援を行う活動とお話しされていました。

 

当時、私も地元の社会福祉協議会のボランティアに参加し、岩手県野田村の体育館で、寄付が届く物品の仕分け作業を行いました。日用品から食品、衣類など様々な寄付の品物。

状況は少し落ち着いていた時期ではありましたが、必要な商品が適切に届けば良いなと感じたことを思い出しました。

 

また、社会福祉士事務所サンパチとして、久慈市の災害ボランティアに参加したことを振り返りました。
2019/11/6(水)サンパチ日報管理者K編@災害ボランティア活動の日報もご覧ください~)

 

社会福祉士としてではなくても、ケアマネジャーとしても、福祉課題を抱えた人々の相談対応、包括的にサービスを提供することの必要性、自立支援の観点から地域において適切なサービスの選択を支援する技術は同じであると感じました。

 

藤田氏は、

「月日は流れても、防災意識の重要性、伝承の重要性」

と最後にお話しされていました。

 

私もいつか、もう少し大きくなった孫へ震災の話を伝えていきたいと思います。

 

 

今日も一日おつかれさまでした!

 

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R5.3.5(日)サンパチ日報管理者K編@独立型社会福祉士実践研究報告会

R5.3.5(日)サンパチ日報管理者K編@独立型社会福祉士実践研究報告会

 

本日は、青森県社会福祉士会、独立型社会福祉士委員会主催の実践研究報告会にて報告する機会をいただきました。

 

 

青森県には、なんと、日本社会福祉士会の独立型社会福祉士委員会の委員長をされている、弘前学院大学の小川先生がいらしゃいます。

 

独立当初、東京まで、講演を聞きに行ったこともあり、今回も、実践現場での入念な調査に裏打ちされた非常に説得力がある、独立型社会福祉士を取り巻く現状や課題について伺うことができました。

 

県内でスケールの大きい実践をされている弘前市の鹿内さんの前座という軽い気持ちで引き受けましたが、独立7年目を迎え、その当時や今までの経過を振り返ることで、新たな気付きや動機づけをいただく、とても良い機会となりました。

 

社会福祉士とは?

ソーシャルワークの価値とは?

マクロ、メゾ、ミクロのソーシャルワークとは?

社会変革とは?

ソーシャルワーク実践で認識した課題とは?

 

 

資料を作りながら、本を読みながら、自問自答する良い機会となりました。

 

そして、社会福祉士事務所として独立して以来、ソーシャルワークと書かれた重い十字架を背負い続けてきたことに、今更ながら気づきました。

 

 

ひとりケアマネ事業所から始め、7年目。年数は経過するも、個人的には、何かを成し遂げた感は薄く、日々悶々とした感情に襲われることもありますが、現在6名体制となり、ケアマネから、成年後見、スクールソーシャルワーカー、コンサルテーション、調停委員など、徐々に活動を増やし、当時周囲から心配された倒産も一家離散もせず、生き残っている点だけは、少し自分を認めてあげたいと思います。

 

まだ、どこにもたどりついてはいませんが、十字架の心地よい重さを感じながら、これから自分にできること+アルファを地道に実践していきます。

 

広島県からご参加の方もいらっしゃり、ICTの凄さを感じると共に、緊張しました😅

 

 

数年後には、もっと具体的にソーシャルワーク実践の報告ができるよう努力したいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R5.2.23(木)サンパチ日報管理者K編@ぱあとなあ(成年後見人)研修

R5.2.23(木)サンパチ日報管理者K編@ぱあとなあ(成年後見人)研修

 

Zoom朝礼

ぱあとなあフォローアップ研修

施設モニタリング

記録

帰宅

 

【今日のいいこと】

本日は、自宅にてオンライン朝礼に参加後、青森県社会福祉士会のぱあとなあフォローアップ研修にオンラインで参加しました。

 

ぱあとなあとは、社会福祉士会の成年後見人としての要件を満たした会員が所属する委員会です。

 

研修では、

ぱあとなあへの家庭裁判所からの後見人等推薦依頼は地域により差があり、青森家庭裁判所(青森市)、青森家庭裁判所弘前支部は多いが、青森家庭裁判所八戸支部は少ない傾向にある。

との説明があり、八戸地域の社会福祉士への成年後見の依頼は他地域より少ないということで、どういった背景があるのか気になりました。

八戸地域には、民間の身元保証サービスを行う会社が比較的充実しているという点も関係しているのかと思います。

サンパチでも、よりスピーディで柔軟に対応できる身元保証サービスと契約する利用者が増えています。

成年後見制度と重なる部分はありますが、判断能力の有無など、基本的に対象者は異なりますので、対象者に合わせて両者を使い分けることになります。

 

成年後見制度は万能ではありませんが、もし、本当に必要な方に届いてないとすれば、これは、社会福祉士として改善の余地があると感じました。

身寄りがない方や虐待を受けた方、認知症や障害を持った方、福祉や医療的課題に直面する方など、複合的な生活課題を抱えた方に、社会福祉士だからこそできる後見活動があります。

社会福祉士は、そういった生活課題を抱える方への支援の知識と経験を有しており、原則、月1回の面談を行いながら、本人を第一に尊重し、生活の質の向上を支援することができます。

青森県社会福祉士会三八支部としても、啓発、アピールする必要があると感じました。

 

司法書士の講師からは、

・遺産分割協議で分割できるのはプラスの財産だけ。相続を開始した段階で、借金は法定相続分に応じて相続されている。

・遺産を何も受け取らないこと=相続放棄、ではない。
家庭裁判所へ相続放棄申述しなければ、借金を相続することとなる。

・生命保険は相続財産ではないため、相続放棄しても受け取れる。

・成年後見人は、被後見人や他相続人の特別受益や寄与分、遺留分が適正か確認する必要がある。

 

など、専門的な知識を学ぶことができました。

 

実践報告とグループワークでは、死後事務において、相続人調査が難航したために財産を引き渡すことが困難であった事例が報告され、早い段階から、死後事務に関わる調査や見立てをし準備することの重要性を学びました。

 

今回の司会はN夫婦、実践報告はSさんと三八支部の会員が大活躍、司法書士も八戸の先生ということで、三八地区が大活躍の研修会で嬉しくなりました。

 

有意義な研修を開催いただき、ありがとうございました。

 

現在、入会促進キャンペーン中とのことです。

この機会にぜひ😌

 

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

 

 

 

→日報一覧はこちらから