R6.7.14(日)サンパチ日報管理者K編@ナルクはちのへ定時総会及び講演会

R6.7.14(日)サンパチ日報管理者小泉編@ナルクはちのへ定時総会及び講演会

 

AM

ナルクはちのへ 第25回 定時総会 及び 講演会

PM

八仙夏の蔵祭り

帰宅

 

【今日のいいこと】

数ヶ月前に20年来のお付き合いのある方から「ナルクはちのへ第25回定時総会及び講演会」の講師を依頼されたところ、そこの事務局長さんは10年程前にとある地域活動でお世話になった方で、色々と御縁がつながり、本日、お引き受けしてきました。

 

ナルクはちのへさんをご存知でしょうか。

『「自立・奉仕・助け合い」をモットーにシニアの積極的な社会参加を進めるとともに、会員同士がボランティアで助け合う独自の時間預託制度を全国的規模で実施し、遠く離れて暮らす親の介護、家事支援等も行っています。』
ナルク公式サイト

地域住民主体のボランティア活動に、時間預託制度を導入し、介護保険創設以前より先駆的に取り組まれてきた団体です。

自分が得意なこと、できることをやってあげて、苦手なこと、できないことを誰かに頼むという、互助、共助の仕組みで活動されています。

 

講演途中に質問の声が次々あがり、私の話が遮られるほど、とても熱心で積極的な会員さんばかりでした。

 

成年後見制度に対する、市民の方の目線、疑問、考え方など、私も勉強になりました。

制度が複雑で、かつ明確な基準なく運用されている面も多いため、伝える側、理解する側も少しパワーを使います。

社会の課題を自分ごととして、しっかり捉え、熱心に活動するナルクはちのへの皆さんの姿に深い感銘を受けました。

 

そして、午後からは、八仙夏の蔵祭りへ。

今回はノンアル甘酒や苺ジュースでしたが、普段お世話になっている方々や、相席の全く初対面の地域住民の方々とお話するなど、楽しいひとときとなりました。

来週からまたがんばれそうです。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R6.4.24(水)サンパチ日報管理者K編@内定

R6.4.24(水)サンパチ日報管理者K編@内定

 

AM

スクールソーシャルワーカー勤務

 

PM

有料老人ホーム利用者面談

自宅利用者面談

記録

帰宅

 

【今日のいいこと】

本日午前中は週イチ、スクールソーシャルワーカー勤務の日。

ワーカー3名での打ち合わせ日、今年度の新一年生面談の実施方法など決定しました。

新一年生にとって、学校に馴染むまでのこの期間が最も大切な時期でもあります。

入学してできるだけ早い時期に、スクールソーシャルワーカーとして全員面談をすることで、相談先として認知してもらい、卒業までの様々なポイントにおける、家族や教員等に次ぐ、第3、第4の相談者、支援者となれればと考えています。

 

午後からはタイムカードを押しケアマネ業務に入りました。

 

 

 

さて、欠員補充のため、2ヶ月程度、ケアマネ求人を公開していましたが、当サイトから見学申込み→面接の流れで、めでたく内定させていただくことができました。

この地道なブログ活動が奏功しました。

(と信じたい😁)

 

多忙な介護福祉業界において、即戦力の経験者が優遇されがちな傾向もありますが、ケアマネジャーは利用者への相談援助、関係機関との連絡調整が主な仕事ですので、選考の際には、経験や資格、職歴ではなく、その方の人柄、雰囲気、表情、立ち振舞い、言葉遣い、聞く姿勢、働く意思などを重視しています。

 

開業当初のひとり・ふたりケアマネ時代は、ゼロから指導育成する余裕も技術も不十分であったため、未経験者はなるべく避けたいと思う時期がありました。

 

開業後からの混乱期を経て、やや安定期に入りつつある現在のサンパチのフェーズだからこそ、経験者にこだわらず、未経験者でもゼロから指導育成できる余裕、体制ができつつあります。

 

現在も、ケアマネ未経験入社の2名が意欲的にケアマネジメントに取り組んでくれています。

 

全社会的人材不足の中、今回も良い人材を内定できたと自負しています。

 

大切に育て、決して大切にし過ぎず、バックアップしながらいろいろな経験をしてもらい、ケアマネジャーのやりがい、醍醐味、楽しさを感じられるよう最大限みんなでフォローしていきたいと思います。

 

スタッフ数も少しずつ増える中で、スタッフ、その家族の人生に対する会社の責任、代表としての責任をひしひしと感じています。

 

また新たなメンバーを迎え入れられることが今から楽しみです。

 

それまでに、今のチームメンバーと、より良いケアマネジメントと働きがいのある職場を目指して少しずつ努力していきたいと思います。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

最近たまにおじゃまする田子町の田子にんにくカレー🍛美味です

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R6.4.21(日)サンパチ日報管理者K編@準ケアマネ

R6.4.21(日)サンパチ日報管理者K編@準ケアマネ

 

週末は、ほぼ仕事せず、のんびり過ごしました。

お花見ランニングをしたり、読書したり。

 

 

先日、利用者の自宅でのモニタリング中に、家族より

「そういえば、ケアマネっていろいろ大変みたいだねえ。テレビで見たよ、やることが多過ぎて大変だって。やっぱり政治がおかしいよなあ」

といったお話を聞きました。

テレビでケアマネジャーが取り上げられてるのも知らず、驚きました。

 

 

そして今日何気なく、X(旧Twitter)で情報収集していると、なんと、ケアマネジャー関連が2つもトレンド入りしているという奇跡的な状況を目にしました。

 

 

「介護支援専門員の法定研修と更新制の廃止」

「準ケアマネ」

 

2つもケアマネ関連のことが、Xのトレンド入りするのは非常に珍しいことです。

 

「介護支援専門員の法定研修と更新制の廃止」については、以前からSNSでよく目にするワードで、国民民主党が公約に掲げるなどもありましたが、今回、「準ケアマネ」という新たなパワーワードが、厚生労働省の「ケアマネジメントに係る諸課題を検討する検討会」にて出され、再び、バズっているという状況のようです。

 

そして、このような署名まで開始されています。

https://chng.it/Kr8VnQ28n7

 

それらの賛否は別として、全国の現場のケアマネジャーたちが、現場じゃない偉い行政官僚や政治家、国の検討会に対して、自分ごととして、将来のケアマネジャーの在り方に危機感をもって声を上げ始めています。

 

あなたは、ケアマネジャーとしての自分、ケアマネジャーの未来について、どう感じていますか。

 

ケアマネジャーは、上手に仕事ができれば、やりがいが大きく、高い裁量権により、誰かに指示された業務ではなく、主体的な職務が可能です。

 

それらが、更新研修や、本来のケアマネ業務以外のシャドウワークや膨大な記録作業などにより損なわれ、人材離れ、人材不足が進んでいるのではないか、という課題提起がなされています。

 

この職種を生業として選んだ身として、自分ごととして真剣に考えながら、明日からまたケアマネジャーとして精進してまいります。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

→日報一覧はこちらから