R6.7.14(日)サンパチ日報管理者K編@ナルクはちのへ定時総会及び講演会

R6.7.14(日)サンパチ日報管理者小泉編@ナルクはちのへ定時総会及び講演会

 

AM

ナルクはちのへ 第25回 定時総会 及び 講演会

PM

八仙夏の蔵祭り

帰宅

 

【今日のいいこと】

数ヶ月前に20年来のお付き合いのある方から「ナルクはちのへ第25回定時総会及び講演会」の講師を依頼されたところ、そこの事務局長さんは10年程前にとある地域活動でお世話になった方で、色々と御縁がつながり、本日、お引き受けしてきました。

 

ナルクはちのへさんをご存知でしょうか。

『「自立・奉仕・助け合い」をモットーにシニアの積極的な社会参加を進めるとともに、会員同士がボランティアで助け合う独自の時間預託制度を全国的規模で実施し、遠く離れて暮らす親の介護、家事支援等も行っています。』
ナルク公式サイト

地域住民主体のボランティア活動に、時間預託制度を導入し、介護保険創設以前より先駆的に取り組まれてきた団体です。

自分が得意なこと、できることをやってあげて、苦手なこと、できないことを誰かに頼むという、互助、共助の仕組みで活動されています。

 

講演途中に質問の声が次々あがり、私の話が遮られるほど、とても熱心で積極的な会員さんばかりでした。

 

成年後見制度に対する、市民の方の目線、疑問、考え方など、私も勉強になりました。

制度が複雑で、かつ明確な基準なく運用されている面も多いため、伝える側、理解する側も少しパワーを使います。

社会の課題を自分ごととして、しっかり捉え、熱心に活動するナルクはちのへの皆さんの姿に深い感銘を受けました。

 

そして、午後からは、八仙夏の蔵祭りへ。

今回はノンアル甘酒や苺ジュースでしたが、普段お世話になっている方々や、相席の全く初対面の地域住民の方々とお話するなど、楽しいひとときとなりました。

来週からまたがんばれそうです。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R6.6.29(土)サンパチ日報管理者小泉編@地域のハブ

R6.6.29(土)サンパチ日報管理者K編@地域のハブ

 

AM

ランニング

法人業務

 

PM

研修会

懇親会

帰宅

 

【今日のいいこと】

本日は、青森県社会福祉士会三八支部の研修会と懇親会がありました。

三八支部役員のエース、柴田副支部長が、障害福祉領域の団体である生活支援ネットワーク「ライフ」さんとの合同研修と懇親会を企画してくれました。

 

会場とオンラインを合わせ、100人を超える申し込みという三八支部研修の新記録を打ち立てました(たぶん)。

両団体のみならず、ケアマネジャー、ヘルパー、医療機関や行政、市議会議員など、幅広い領域からご参加いただきました。

コロナ禍を経験し、この規模の集合での研修はとても久しぶりで、良い学びと刺激、ネットワークがまた増えました。

 

 

そして、0次会を挟んでの、合同懇親会。

30名以上の方々との楽しいひととき。

楽し過ぎて、写真撮り忘れました😅

久しぶりに知らない人が過半数の懇親会。

名刺交換と情報交換。

障害関係のネットワークがまた増えました。

 

地域に各分野の専門職(スペシャリスト)は多くいるが、それらのつなぎ役(ジェネラリスト)がいない問題。

社会福祉士もケアマネジャーも、個々にに点在する専門職や関係機関や制度、様々な社会資源のつなぎ役として、地域のハブ機能を果たす必要があります。

それは、自分自身のためでもあり、多くの社会資源とつながることで、社会福祉士として、またはケアマネジャーとして、支援困難ケースへの不安や恐れがなくなります。

もし、クライアント支援に対する不安や恐れがあるのなら、それは、社会資源とのネットワークが不足しているからかもしれません。

ぜひ皆さんもお気軽に社会福祉士会三八支部研修会にご参加ください。

 

実践者の話を聞き、つながることで、高齢分野における障害分野に対する苦手意識、不安や恐れがまた減りました。

久しぶりの懇親会で、実は結婚してました!などめでたい報告もあり、楽しい1日となりました。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R6.5.18(土)サンパチ日報主任S編@なの花薬局ケアカフェ☕

R6.5.18(土)サンパチ日報主任S編@なの花薬局ケアカフェ☕

 

【今日のいいこと】

 

本日は、なの花薬局八戸城下店にて『第一回ケアカフェ』に、同僚HとH愛娘ちゃんと参加しました。

参加者は高齢者支援センターの方や地域のケアマネジャーと15名程。

アットホームな感じでカフェタイムが始まりました。

 

 

1部「薬剤師の活用方法について」
2部「在宅ケア・在宅で暮らす」 をテーマに、各店舗のなの花薬局の薬剤師さん、管理栄養士さんと交流できました。

 

なの花薬局さんは、管理栄養士が配置されており、各店舗を周りながら、薬剤師と連携を取り、食事管理や栄養面についての相談対応ができるとのことです。

 

担当しているケースでも、薬の管理のほかに糖尿病の食事に悩む方や、体重管理が必要な方、フレイル予防が必要な方など栄養面に関する支援が必要な方がいます。

 

その際には、青森県栄養士会の栄養ケア・ステーションに相談をしたこともありますが、身近に相談できる栄養士がいることは地域にとっても心強いと感じました。

 

栄養講話一覧も提示され、興味深い内容が沢山ありました。

 

 

6月からの調剤報酬改定により、在宅訪問(介護保険の居宅療養管理指導)のほかに外来、医療機関を退院して在宅以降した直後においても、要支援・要介護の方についてケアマネジャーと情報共有を図ることとなります。

 

 

(厚生労働省「令和6年度診療報酬改定の概要(調剤)」P39より引用)

 

薬剤師からケアマネジャーへ提供する必要な情報とはなにか、情報が多すぎでも困るのではないかなど、模索されている薬剤師さんもいました。

また、私たちが交付しているケアプランもしっかりと見てくれているとのことでした。

 

カフェに参加し、専門職の方と出会いの喜びを感じました!
なの花薬局の皆様、ありがとうございました😊

 

今日も一日おつかれさまでした!

 

 

→日報一覧はこちらから