R6.6.27(木)サンパチ日報クラーク本多編@6月の記録チェックとお弁当の日

R6.6.27(木)サンパチ日報クラーク本多編@6月の記録チェックとお弁当

 

AM

朝礼

提供票送信

介護保険証情報確認

お弁当引取

 

PM

アセスメント基本情報作成

日報作成

入社準備

帰宅

 

【今日のいいこと】

今月も毎月の記録チェックの日がやってきました。

注)サンパチでは、毎月27日を記録チェックの日と定め、お互いがお互いのモニタリング、ケアプラン、支援経過 等の記録の有無と内容について、確認し合い、気づき合うことで、みんなも安心!コンプライアンスを徹底し、ケアマネジメントの質も高める取り組みをしています。

 

午前中は黙々と記録チェックを行い、おまちかねの今月のお弁当です。

 

今月はKitchen AERUさんでカレー祭りです🍛🔥

https://www.instagram.com/kitchen_aeru/

 

 

シーフードにチキン、牛サガリにキーマ、おのおの好きなカレーをチョイスしました😊

カレーの他にもハンバーグやステーキ、パスタも美味しいと評判だそうですよ!

▶クリックして動画再生↓

 

皆で一緒に、わいわい楽しくいただきました~😋

カレーパワーでこれからの暑い季節を乗り越えられそうです🔥

 

7月よりサンパチに新しいメンバーを迎えます✨

さらに活気づいたサンパチになりそうな予感です!

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R6.4.21(日)サンパチ日報管理者K編@準ケアマネ

R6.4.21(日)サンパチ日報管理者K編@準ケアマネ

 

週末は、ほぼ仕事せず、のんびり過ごしました。

お花見ランニングをしたり、読書したり。

 

 

先日、利用者の自宅でのモニタリング中に、家族より

「そういえば、ケアマネっていろいろ大変みたいだねえ。テレビで見たよ、やることが多過ぎて大変だって。やっぱり政治がおかしいよなあ」

といったお話を聞きました。

テレビでケアマネジャーが取り上げられてるのも知らず、驚きました。

 

 

そして今日何気なく、X(旧Twitter)で情報収集していると、なんと、ケアマネジャー関連が2つもトレンド入りしているという奇跡的な状況を目にしました。

 

 

「介護支援専門員の法定研修と更新制の廃止」

「準ケアマネ」

 

2つもケアマネ関連のことが、Xのトレンド入りするのは非常に珍しいことです。

 

「介護支援専門員の法定研修と更新制の廃止」については、以前からSNSでよく目にするワードで、国民民主党が公約に掲げるなどもありましたが、今回、「準ケアマネ」という新たなパワーワードが、厚生労働省の「ケアマネジメントに係る諸課題を検討する検討会」にて出され、再び、バズっているという状況のようです。

 

そして、このような署名まで開始されています。

https://chng.it/Kr8VnQ28n7

 

それらの賛否は別として、全国の現場のケアマネジャーたちが、現場じゃない偉い行政官僚や政治家、国の検討会に対して、自分ごととして、将来のケアマネジャーの在り方に危機感をもって声を上げ始めています。

 

あなたは、ケアマネジャーとしての自分、ケアマネジャーの未来について、どう感じていますか。

 

ケアマネジャーは、上手に仕事ができれば、やりがいが大きく、高い裁量権により、誰かに指示された業務ではなく、主体的な職務が可能です。

 

それらが、更新研修や、本来のケアマネ業務以外のシャドウワークや膨大な記録作業などにより損なわれ、人材離れ、人材不足が進んでいるのではないか、という課題提起がなされています。

 

この職種を生業として選んだ身として、自分ごととして真剣に考えながら、明日からまたケアマネジャーとして精進してまいります。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

 

→日報一覧はこちらから

 

 

R6.4.17(水)サンパチ日報管理者K編@引き抜き

R6.4.17(水)サンパチ日報管理者K編@引き抜き

 

AM

朝礼

介護老人福祉施設訪問 面談

サービス付き高齢者向け住宅訪問 面談

 

PM

医療機関訪問 退院立会い

自宅訪問

記録

帰宅

 

【今日のいいこと】

先日、事務所にいらした関係者の方が、今年入社したケアマネジャーの顔を見て、

 

「あら、お久しぶりです」

「こんなに引き抜いていると、他から恨まれるんじゃないですか(笑)」

 

といった冗談話をされ、帰られました。

 

人材不足の昨今、巷でよく聞く社員の「引き抜き」。

 

「あそこに◯人引き抜かれた💢」

 

といった穏やかでない話もたまに耳にします。

 

その定義は

「他社で働いている人材に積極的に声をかけ、自社へ転職させる」

といったところでしょうか。

 

 

正直に言います。

実は、サンパチでは過去に引き抜きをしたことが・・・

 

 

ございません。

 

現在いる社員6名のうち、

入社するまでまったく面識がなかった人が3名。

かろうじて面識はあったがほぼ話したことがなかった人が2名。

仕事上面識はあったが数年間会ってなかった人が1名。

といった状況です。

 

その理由として、

①人材を引き抜くことへの責任が待てない。

サンパチがその人にとって良い職場かどうか、合うかどうかは保証できません。

 

②引き抜いたことでの忖度をしたくない

引き抜くからには、給料や業務の面で好条件で優遇する必要があるでしょうし、指導の際にも多少なりとも私や社員が遠慮する場面が出てくるかもしれません。

 

③サンパチで働きたいと思ってくれる能動的な意思を大切にしたい。

受動的ではなく能動的な意思を持った人と一緒に前向きに仕事をしたいと思っています。私の事を嫌いになっても、サンパチで働きたいと自発的に思った時の気持ちを思い出して耐えてほしい笑。

 

④引き抜くほどの人材かどうか見分けることができない。

外部からは有能に見えていても内部での評価が低いという場合もあり、私も常に社員からの評価に気をつけている所です笑。徹底的に調査しない限り、ハロー効果(一部分が秀でていると、全てが秀でているように見えてしまう)に左右されない自信がありません。

 

⑤引き抜きトラブルに巻き込まれたくない。

そんな意味のないトラブルに巻き込まれている暇はないですし、連携を重んじる介護業界において、引き抜きは仕事に支障を生じかねません。

 

⑥居宅介護支援事業所なので、引き抜かなくても人員基準を満たせる。

欠員補充できない場合でも、担当利用者数を調整することで人員基準違反になることなく、焦って引き抜く必要もなくなります。

 

 

ということで、メイン人材がケアマネジャーであるため、ほぼ他社から転職した人材ではありますが、サンパチから積極的に声をかけて引き抜いたことはありせん。

サンパチはシロですので、誤解なきようお願いします笑

ただし、知らぬ間に引き抜かれている可能性はなくはないです笑。

 

ただ、一般的にはよくあるヘッドハンティングによる転職は、スキルアップや待遇アップには有効だと思いますし、我慢してダメな会社で働く必要はもちろんありません。

 

そんな甘いことを言っているとこれから人材不足が進むの世の中を乗り切れないぞという側面も理解できます。あくまで現時点での方針ではあります。

 

引き抜かれるのも、転職するのも、ある意味では同じ、本人の意思であり、職業選択の自由です。

なんかトラブルめいてしまうのは、その引き抜き方でしょうか。

 

上記のポイントを凌駕するほどのどうしようもない状況となり、どうしようもないほどの人材が現れた際には、こっそりヘッドハンティングするかもしれません。悪しからず笑。

その際は上手に引き抜きます笑。

 

ということで、今回の求人も、引き抜かなくても採用できそうな良い兆しの面接予定が入っています。

 

引き抜かなくても、よい人材が能動的かつ意思的に集まる職場づくりを目指します。

 

良いケアマネジメントは、良い職場環境と、良い人材から。

 

今日も一日おつかれさまでした。

 

店主を引き抜きたいほど旨いラーメン、青森出張のついでに。

 

 

→日報一覧はこちらから